fc2ブログ

社交ダンス:大会前日

こんにちは。
小野 史弥です。

約1週間ぶりになってしまいました。
世間ではポケモンの新作、ポケモンソード・シールドが発売されましたが、
そちらに目を逸らさず、楽譜制作や楽器の練習は行なっていましたが、
それ以上にウエイトをかけ練習していたものがございまして……。

11/17(日)、福岡は三井郡大刀洗ドリームセンターにて、
人生2回目となる社交ダンス競技会が、
いよいよ明日に迫ってまいりました(`・ω・´)

なかなか教室で練習する時間が確保できず、
家で気になっているところ、まだ不安なところを
ピンポイントで練習するしかできなかったこの1週間でした( ノД`)

しかし、先日の御縁屋さんでのオープンマイクにて、
音楽活動と共に社交ダンスの活動も応援してくださっているマスターやママから、
まさかの大会で踊る予定のチャチャチャ・ルーティンを、
披露する機会を用意してくださいました.゚+.(・∀・)゚+.

※勿論お金はいただいておりません。プロのダンサーに失礼なので。

パートナーさんとの都合が合わず僕だけで踊ることになりましたが、
実はこれが大盛り上がり‼︎(*´∀`人 ♪
先生からしっかり指導していただいたボディや腰の使い方を意識して披露したところ、
「腰のキレがヤバイ!」と興奮していただけたようでw
他にもイベント主催の城直樹さんからも「社交ダンス、いいね!」というお言葉をいただいたり、
「1人だけでも、女性を回したりリードしているのがわかった!」
「これでビギナークラス?ウソでしょw」
という常連のお客様からの嬉しいコメントも♩
サルサを習っていたこともある、応援してくださっているママからも
「姿勢がピンとして、いつもの優しい小野くんから』になったね〜!
と、最高級のお褒めの言葉をいただいちゃいました(´∀`*;)ゞ
※ママはお孫さんのお世話のため、大会当日には応援に行けないとのこと(´・_・`)
その分、しっかりと応援の言葉をいただきました!

少しでも練習と人前で見せる経験をということで、場の提供をいただきましたが、
こんなにも楽しんでくださるとは、正直思っていませんでした。
いっても腰の動きを笑われるくらいかなと。
しかしテンポが早く男女の戯れを表現するチャチャチャの曲とダンスに盛り上がっていただいて、
やはり、普段社交ダンスに触れないからこそ、それに触れた時の盛り上がりは、
音楽の盛り上がりと同等の刺激をあたえられるんだろうなと思いました。

音楽仲間に社交ダンスの入り口を披露できたこと、
一般の方が社交ダンスを楽しんでいただける可能性を伝えられたことが、
本当によかったと思いました\(^o^)/


さて、当の大会ですが、前回もお伝えした通り、
長年ダンスをされているご家族ペアや、他の教室の先生のご子息が出場されるなど、
本当に「ビギナー?なにそれ美味しいの?」状態のハイレベルな戦いになりそうです……(;д;)
競技会なので、勝ち負けや順位にこだわるのも大切ですが、
それよりも、練習通り+それ以上のダンスができること、
なにより人前で踊れることをまず楽しんで、大会そのものを楽しみたいと思います♩


チャチャの楽しさ、ルンバの妖艶さを、
全身を使って表現するぞー(`・ω・´)!
お時間の許す方、どうぞ応援&観戦に来られてくださいo(^▽^)o

JDC(日本ダンス議会)九州総局 主催
西日本ダンス選手権大会
日時 令和元年11月17日(日) 10:00大会スタート
場所 大刀洗ドリームセンター
福岡県三井郡大刀洗町大字冨多819番地 (西鉄甘木線大堰⦅おおぜき⦆駅すぐ)
入場料 4500円 一般観覧も可能です


※出場クラス  ()は時間予定
アマチュア ラテンアメリカン ビギナークラス
・チャチャチャ 予選(10:04)
・ルンバ 予選(10:10)
・チャチャチャ 決勝(10:27)
・ルンバ (10:31)

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
11/6、Aqua Timez「いつもいっしょ」(ピアノ弾き語り)を販売登録しました!
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【オープンマイク】
・日時:11月20日(水) 20:00より
場所:音楽酒場ブギ
・日時:12月1日(日) 19:30より
場所:Live bar I & I

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/

音楽活動:編曲の葛藤

こんにちは。
小野 史弥です。

いよいよ本日、11月9日は、
御縁屋赤坂でのオープンマイクです!

かれこれ御縁屋さんでのオープンマイクには
3.4年ぐらいお世話になっています。
中高大学は吹奏楽やオーケストラの部活で、音楽の研鑽を積みましたが、
社会人になってからは間違いなく、この御縁屋さんでのオープンマイクで
音楽の研鑽を積ませていただいております。
この御縁屋さんでのオープンマイクがなければ、
ソロギター曲をピアノでアレンジするっていう今のスタイルは、
なかったと思います。

しかし、現在オリジナル曲やアレンジ曲の楽譜を
Piascoreというサイトで販売もしておりますが、
時々思う事があります。
それは、「アレンジのテーマ」についてです。
※現在、ソロギター曲のピアノアレンジ楽譜については、
様々な権利関係問題があり、配信ができておりません。
楽譜は書き下ろしてはいるのですが……。

簡単にいうと、
「ガッチガチに原曲を忠実に再現するか」
「弾きやすさ、演奏しやすさを求めるか」
という、対極する2つの葛藤です。

オーケストラ出身だったこともあり、そもそもクラシックの世界において、
アレンジ・アドリブというのは御法度中の御法度です(*`ω´*)
楽譜通りに演奏し、作曲者の意図をどれだけ忠実に再現して演奏できるか、
というのがクラシック音楽の美徳とされています。
クラシックの世界では、作曲者が全ての頂点に君臨しており、
作曲者の書いた音、拍子、音楽記号が正義です。
その為、「もっとこうしたら華やかになるのでないか」とか
「こういう音を加えたらもっとカッコよく聞こえるのではないか」
と、奏者の感性が働いても、それを絶対に許さないのがクラシック音楽です

なので、最初ギター曲をピアノでアレンジするときにも、
なるべく原曲に忠実に再現してアレンジしてました。
しかも、当の作曲者がご存命であり、果ては目の前にいる状態でアレンジモノを披露したときには、
上記の「作曲者の書かれた事が全て」という概念に囚われすぎており、
かなり萎縮しながら演奏していました。
しかしある方から、
「別の楽器でアレンジするなら、その楽器の武器を存分に活かしたアレンジをしなさい。
元の楽器のように弾いてはいけない」

とアドバイスをいただき、少しその考え方に拘り過ぎないようになりました。

ただ、そこで新たに発生したのが、
「弾きやすさ」=「難易度」の問題です。


僕がアレンジするときに心がけているときは、
「可能な限り原曲に忠実に、
しかし楽器初心者でも弾きやすいアレンジを」

というのを心がけています。
ここでいう弾きやすさとは、楽器の技術についても勿論ですが、
耳に入ってくる音について複雑な音は使わない、
シンプルな和音」でアレンジするように心がけています。


ぶっちゃけて言うと、原曲をそのまま楽譜に書き下ろしたときに、
あきらかに和声的に不協和音になっているものって、かなり多いんです
それをギターやベース、キーボードなど様々な音色が組み合わさる事によって、
結果的に「綺麗なハーモニー」のように聞こえているのです。
勿論わざと音を不協和音的にぶつける事によって逆に味が出る、というコードも多いのですが、
演奏する立場で立ったときに、「無理に不協和音的な音にしなくてもいいよね」と、
シンプルな和音に書き換える事がよくあります
ちなみにこれをしたからといって、曲的に崩壊することはほぼなく、
80%くらい違和感無く成立します。
※シンプルな和音とは、単純な3和音の事です。皆さん楽典講座のお話、覚えていますか?
※その為、いい意味で不協和音を活用しまくるジャズの演奏が苦手だったりします

更にソロピアノ様にアレンジするときに毎回頭を悩ませるのが(恐らくソロギターアレンジする場合もそうなのでしょうが)、
多くの楽器や役割をもって奏でられている音から、
どの音、役割を残してアレンジするか、ということです。

ドラクエの音楽で有名なすぎやまこういち氏は、ファミコンの音源で曲を打ち込む時に、
オーケストラで音で鳴ったサウンドを、3音でどのように表現するか
というのに、同じように頭を悩まされていたそうなんです。
※当時ファミコンはその容量から、同時に出せる音は3音まででした。

つまり、(ソロ楽器への)編曲作業とは、
「原曲からどのように削って、再現度の高い音を残すか」
という作業なんです。
ここに、「原曲再現度」を取るか「弾きやすさ」を取るかという
葛藤が発生するんですね。


勿論、超絶技巧様にアレンジして色々と付け加える、というアレンジもありますし、
そっちの方が華やかであり観ている人からも聞いている人からも
すげー!ってなるスタイルの方もいらっしゃいます(まらしぃさんとか)。
ただ、僕は「誰もが簡単に楽しく演奏できる」アレンジを目指しています。
なるべくメロディとベースラインだけにならず、しかし原曲からかけ離れないように、
耳にしっくりくるハーモニーで誰もが簡単に安心して楽しく演奏できるアレンジを
心がけていこうと考えている、今日この頃です(^∇^)

※アレンジしようとすると、必然的に耳も鍛えられますよ!
耳コピーができるようになりたい人は、ぜひアレンジ作業に挑戦してみてください。
簡単なのは、やってみたい曲のピアノの楽譜を参考にしながら、
自分の楽器に書き起こしてみるというものです。

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
11/6、Aqua Timez「いつもいっしょ」(ピアノ弾き語り)を販売登録しました!
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【オープンマイク】
・日時:11月9日(土) 18:30より
場所:御縁屋赤坂
・日時:11月20日(水) 20:00より
場所:音楽酒場ブギ
・日時:12月1日(日) 19:30より
場所:Live bar I & I

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/

お知らせ:御縁屋オープンマイク再始動!

こんにちは。
小野 史弥です。

今回はがっつりお知らせです!
明日、11月9日(土)、福岡は御縁屋赤坂にて、
ソロギタリスト・城直樹のオープンマイク
再始動いたします☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


御縁屋赤坂、HP
https://www.goenya3.com/posts/7138142?categoryIds=2354403
※ご本人様は現在、こんな髪型はしておりませんw

過去記事にも書いた事があるかもしれませんが、
オープンマイクとはお客様参加型のイベントです。
バーチャージ料を支払えば、15〜20分程度の時間で、
趣味の発表が人前ができる、というものです。
大半が音楽をする人で占めていますが、音楽以外にもステージ上でできるものであれば、
ダンス、詩の朗読、漫才、落語などなんでも良いというのが、
御縁屋さんでのオープンマイクの特徴です。

何より他のお店のオープンマイクと御縁屋さんのオープンマイクの最大の違いは、
アーティストが主催して行っているということ!
城さんの「誰でも気軽にふらっと立ち寄ってパパッと演奏できる場所や機会の提供を」
という想いの元、長年御縁屋さんとタッグを組んでオープンマイクイベントを実施されていらっしゃいます。
店舗改装のためにしばらくお休みしていましたが、
この度復活します♩改めて再開おめでとうございますm(_ _)m

御縁屋さんのオープンマイクは、主催しているのがプロのソロギタリストということもあり、
「ソロギターをやっていないと参加できないんじゃ……」
「集まる人のジャンル的に、歌モノってやっちゃいけないんじゃないの……」
「レベルがめっちゃ高そうで、とてもじゃないけど人前で演奏できるレベルじゃないよ……」
「福岡の音楽シーンは新参者が突然やってきても、受け入れてくれなさそう……」

なんて不安がある人もいるかもしれません。

断言します‼︎
そんなこと一切ありません(`・ω・´)‼︎


だって僕ピアノですよ?
10組みいて9組みソロギターの人たちの中、1人だけピアノ弾き(僕だけ)ってこともありますが、
それでも皆さんが温かく僕を迎え入れてくださいました。
このオープンマイクで知り合った友達に、皆から愛されている歌姫もいまし、
日頃インストだけの城さんが歌モノをやるって言った時の盛り上がりといったら、
全員お酒の力を借りてご乱心の状態でしたしw

虐げられる、受け入れてくれないなんてことは、まずないです!
表現をする方は全力で受け入れ態勢を作ってくださっているのが
御縁屋さんのオープンマイクです。

なぜそのような姿勢なのかといったら、お店の名前にもある通り、
人と人との出会い、ご縁を大切にされているお店、方々が多いからです(^-^)/
※実際にこのオープンマイクで出会ったことで、なんと結婚された方もいらっしゃいます(/∀\*)

また、このお店は僕の音楽活動の拠点にしているお店です。
勿論僕も参戦いたします!
この日は全員がアーティストになれる日です。
素敵な出会いがあります様に!

約8ヶ月ぶりの御縁屋さんでのオープンマイク、
めっちゃ楽しみ♪───O(≧∇≦)O────♪

御縁屋赤坂、HP
https://www.goenya3.com/posts/7138142?categoryIds=2354403

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
11/6、Aqua Timez「いつもいっしょ」(ピアノ弾き語り)を販売登録しました!
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【オープンマイク】
・日時:11月9日(土) 18:30より
場所:御縁屋赤坂
・日時:11月20日(水) 20:00より
場所:音楽酒場ブギ

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/

ライブ鑑賞のすゝめ

こんにちは。
小野 史弥です。

先日あるギタリストのライブを見に行って来ました。
関西出身ということもあり、軽妙なトークで
家族連れの子ども達にもバカ受けのライブを繰り広げられました。
勿論演奏は素晴らしいの一言!
独自の世界観を作り上げられていて、とても楽しむことができました。

僕もライブやイベントに出演させていただくこともあるのですが、
一番頭を悩ませるのが「集客」。゚(゚´Д`゚)゚。
地域柄を言い訳にしてはいけませんが、まあ人が来ない来ない( ノД`)
来てくれると言ってくれた友達からもドタキャンされるなんてザラですし。
特に地方に行く程それは顕著だそうで、
音楽の都・福岡は、いわゆる同業者・ライバルが多いぶん、
強固なコミュニティを形成し新規参入者を拒みます。
勿論自分たちもそのコミュニティ内でライブの応援観戦をしているようなものだと、
お世話になっているバーのマスターから聞いたことがあります。
※自分の音楽を広めたいなら上京しろ、と言われるのはこれが要因

勿論ライブもタダではありません。
ミュージシャンは収入の中核をこのライブという音楽活動で賄っている為、
ライブに人が来ないということは、冗談抜きで死活問題なのです。
友人にライブの応援に来るようにお願いしても、結局来ない理由は
「興味がない」
の一言で片付けられてしまうのが、実際の現実だと思います。

ですが、ライブはLive=生き物であり生物(なまもの)です。
10人10色のライブがあり、それぞれ伝わるもの感じる事が全て違います。
今回は是非、ライブ鑑賞に行った方がいい理由について、
3つほど挙げたいと思います(`・ω・´)


1つ目は「話術の参考になる」。
音楽のライブは、音楽だけを演奏すればいいのでしょうか。
クラシックやオーケストラの演奏会ならそれでも成立するのでしょうが、
ポップスのライブはそうはいきません。
現代の聴衆は音源以上のサービス(楽しませてくれる事)を求めている為、
どんなに演奏が凄くても、+αのものを提供しないと、すぐに干されます。
その1つが話術(トーク)です。
僕はまだまだ未熟なジャンルですが、先述の通り、
曲と曲の間にネタ話をぶっ込む事で聴衆とのコミュニケーションが取れ、
より会場全体の雰囲気を柔らかくほぐす事ができます。
売れているミュージシャンはやはり、トークもうまいです。
話のもっていき方、オチの付け方を勉強するために、
落語の座談会に参加されるミュージシャンも沢山いらっしゃるんです。
そんなトーク力は、日常会話や生活の中でも生かされる事間違いありません(`・ω・´)

2つ目は「心が豊かになる」。
主要5教科(国数社理英)+体育は、大っ嫌いでも必ずやらされるのに、
音楽を含む実技教科って、なぜこんなにも扱いが粗悪なんでしょうかね。
実技教科こそ、心や人生に豊かさを与えると思うんですけどね。
……っと、話が脱線しましたが、
音楽の1番の力は、人間含め生物の心や感情に訴えかける事です。
音楽に笑い、音楽に泣き、音楽に興奮し、音楽に盛り上がり、音楽に感動する。
勿論3人のミュージシャンがいれば、それぞれの音楽の色があるため、
聴いた人の心も、その人の音楽に触れて心の色が染まります。
しかし、1人のミュージシャンでも、それぞれ異なる音楽を聴くことによって、
その分心の色が様々な色に染め上がります。
それはつまり、演奏者の「生き様」を感じるということ。
それが聴いてくださった方の心に、何かを植え付けてくれると思っています。

そして3つ目は「人との繋がりができる」。
ファンクラブに入っていなくても、ライブ会場の方と仲良くなる事なんて、ザラにあります。
同じ趣味が好きな人同士、仲良くならないわけないですよね。
そこから少しずつ人間関係の輪や縁が広がって、
新たな出会いがあったりとか、人生を変える出会いがあったりもします。
僕もお世話になっているオープンマイクの仲良しメンバーに出会ったため、
とあるプロギタリストのライブを知り、その方がライブをする地域まで飛んで、
直接ご本人とお会いする事ができました(^-^)/
現在もそのギタリストともよくメールを交わしていますし、
お互いの曲をカバーしあったり(させていただいたり)しています。
※また、ありがたい事に、
僕の存在もソロギター界隈にも少しずつ広まっているようで、
直接本人と会ったりして、僕自身も繋がりの輪を現在も形成させてもらっています。

「お金がかかるし面倒くさい、そもそも興味がない」という理由だけで、
ライブやイベントに参加されないのは本当にもったいないです!

観に行かれないと、上記の体験がそもそもできません。
日常生活の会話の参考になったり、同じ趣味の中を見つけることや、
何よりその音楽で何を思うか。
そういう貴重な時間を無駄にしてしまうのです。
非常にもったいない‼︎ナンセンス‼︎
メジャーバンドになれば1ライブ5000円以上や1万円というのもザラにありますが、
小さなバーやライブハウスなどで行われるライブは
プロでも3000円いかない場合もあります。

ライブの1番の魅力は、心に感動を与え豊かにしてくれる、
人生について少し立ち止まって考えさせてくれる時間を作ってくれること。
そんな自分の貴重な時間を作るためにも、
音楽イベントやライブに足を運んでみませんかo(^▽^)o


それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
11/6、Aqua Timez「いつもいっしょ」(ピアノ弾き語り)を販売登録しました!
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【オープンマイク】
・日時:11月9日(土) 18:30より
場所:御縁屋赤坂
・日時:11月20日(水) 20:00より
場所:音楽酒場ブギ

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/

社交ダンス:大会まで2週間/首の矯正

こんにちは
小野史弥です。

Twitterなどでも宣伝していたのですが、
この度、11月17日(日)に、
福岡は三井郡大刀洗ドリームセンターにて、
人生2回目の社交ダンスの競技会に出場いたします(`・ω・´)

※まだフライヤーが公式HPにアップされていない為、
画像が出たらまたお知らせしますね。

前回(3月)はビギナー(初心者)クラスのルンバに出場し、
ありがたい事に準優勝させていただくことができましたm(_ _)m
あの時の興奮はいまだに忘れられません(´∀`*)
今年は同じくビギナークラスのルンバだけでなく、
同クラスのチャチャチャにも出場します!
はい、2種目に出場する事になりました\(^o^)/

勿論社交ダンスを始めて1年は経過しましたが、まだまだど素人なので、
前回のルンバの精度を上げるという選択肢もあったのですが、
「早くたくさんの種目のダンスが踊れるようになりたい」
「色んな種目のダンスを人様に披露して、表現したい」

という気持ちが強く、
今回一緒に出てくださるパートナーさん(その方も1年ぶりの競技会参加♩)の了承を得て、
2種目でのエントリーとなりましたo(^▽^)o

とはいったものの、特にチャチャチャの完成度がいまだヤバイという危機的状況Σ(´Д`*)
テレビで有名になりましたキンタロー×ロペスペアのイメージが強いかもしれませんが、
あんなキレッキレのボディラインが出せません‼︎
それにまだ足もあの早いテンポに追いついていくのがやっと、
もはや間に合っていない箇所もあり、
「ドタバタしている」と先生の頭を悩ませてしまっていますΣ(゚д゚|||)

特に、僕の最大の弱点が、首‼︎
社交ダンスを始める前は、強烈な猫背でした。
根暗で自分に自信がなかったことに加え、
ピアノを弾く時に鍵盤を見る為に、自然と猫背が癖づいてしまっていました。
その為、ボディや下半身を意識している時や、気を抜くと、
すぐに首が前に出てしまうんです。
これをダンス業界では「ネックが出ている」といい、
かなりみっともない見た目になるそうです。
もちろん大会においては減点対象です。
※背筋はだいぶ改善されたんですけどね……。

ありがたい事に、現時点では映画「shall we dance」に出てくるような、
姿勢矯正ベルトレベルまではいっておらず、
先生からも正しい姿勢については逐一指導してもらっています。
そして、何より一番効果があるのは、
普段歩く時に首(姿勢)を伸ばして歩くことを意識すること!

ショーウィンドウのような自分の姿が反射するガラスの前を通るときは、
横目でチラ見して、首が前に出てないか確認し、
その姿勢のまま歩くように心がけます。
もちろん、首以外の部分も、先生に言われている箇所を意識しながら、
姿勢を正しく作った状態で歩くように意識しています。
(肩は下ろし胸を張りしかし胸椎は閉じる、お腹は引っ込めて反り腰にならない、
骨盤は前に出すようにして腰が引かない等……)
なんなら歩く足もかかとからではなく、
ラテン特有の足先から降りるように歩いてみたりw
悪い意味で他人から見られて笑われることには慣れているので、
街中でそういう姿勢で歩く事に、特に羞恥心もありません。

寧ろこの普段の歩く時から首が出ないように意識する様になった事で、
大分普段からも首が前に出ないようになったり、
首が前に出てしまっているときもすぐ気づいて矯正する様になったりと
習慣づくようになりました( ̄^ ̄)ゞ
まだまだ油断はできませんが、ここ数回のレッスンでも、
「大分首が真っ直ぐになった事で体の軸もぶれなくなって、
動きも大きく見えてかっこよくなった」
と先生からも成長を褒めていただけました(´∀`*;)ゞ
もしかしたら、何事も改善の方法として、道具などを使うよりも、
「常に強く意識して日常を過ごす」ことが、1番の近道なのかもしれませんね。


さて、これでも社会人であり音楽活動や制作活動もある為、
2週間といえどダンスにかける練習時間は限られています。
レッスンで見てもらう時間もこの2週間で、合計で2時間もありません。
更に先生からの情報ですと、
同じ教室の家族でずっとダンスをされている一族も出場されたり(前回の優勝ペア)、
他教室の先生のご子息様ペアが出場されるという、
初心者クラスも名ばかりの種目になってしまいそうです( ;∀;)

しかしその限られた時間で、いかに普段から完成形をイメージしたり、
開いた時間でピンポイントでその箇所を練習したり。
可能な限り出来ることはやって、前回よりも成長した姿をお見せし
自分の表現したいものを伝える
それが今回の大会での目標です☆
勿論出るからには優勝を狙いますよ(`・ω・´)


JDC(日本ダンス議会)九州総局 主催
西日本ダンス選手権大会
日時 令和元年11月17日(日) 10:00大会スタート
場所 大刀洗ドリームセンター
福岡県三井郡大刀洗町大字冨多819番地 (西鉄甘木線大堰⦅おおぜき⦆駅すぐ)
入場料 4500円 一般観覧も可能です


僕が出場するアマチュアビギナークラスは、
なんと大会開始直後‼︎
是非皆さん応援に来てください.゚+.(・∀・)゚+.

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【オープンマイク】
・日時:11月9日(土) 18:30より
場所:御縁屋赤坂
・日時:11月20日(水) 20:00より
場所:音楽酒場ブギ

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»

プロフィール

小野 史弥

Author:小野 史弥
1990年、福岡県北九州市に生まれる。
5歳からピアノを始める。
小学5年時、親の都合で福岡市に引っ越ししたのを機に習いに行くのは辞めたが、当時から好きな曲を耳コピーしてピアノを弾き続けた。
中学時代に吹奏楽部、高校・大学時代に管弦楽部に入部、パーカッション、ファゴットを担当。
25歳の時、とあるバーでオープンマイクなるイベントを知りピアノ演奏を披露、以降そのバーや近隣のバーで演奏活動を行う。
長年の演奏活動にて培われた音楽知識や感性を元に、オリジナル曲の制作や音楽講座のイベントを積極的に行う。特に音楽講座については、音楽経験者・未経験者問わず、音楽の楽しさや素晴らしさを伝えるため、日々ネタを温めている。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR