fc2ブログ

歌詞のテーマについて

こんにちは。
小野 史弥です。

音楽活動(演奏、歌など)をされている方で、
オリジナル曲を中心にされている方って、
どのくらいいらっしゃいますか?

趣味でカバーバンドやカバーをメインにされている方は、それでいいかもしれません。
しかし、売れたい・有名になりたい・自分のことを知って欲しい、となった場合、
オリジナル曲の存在は必要不可欠になります(*`・з・´)
何故なら、音源作成や音源配信・CD発売するにも、
カバー曲の場合、著作権の問題など、か・な・り面倒になりますし、
余分な経費も発生いたします(著作権料などなど)。

そういった面でも、オリジナル曲は持っていた方がいいと思います。
しかし、ではどうやってオリジナル曲を作れば良いでしょうか
特に、歌詞は曲の世界観を決める要素にもなります
もし歌詞の世界観が認めてもらえれば、作曲は別の方に依頼し、
作詞分の印税を収入として得る、という方法もあるでしょう。
ただ、「自分の書いた詞の世界観は自分が一番わかっているから、
曲も自分で作った方が早い!」と
曲も自分で作られる方もほとんどかと思います。

今回はそんなオリジナル曲、特に歌ものを考えている方で、
何を書けばいい、何を歌えばいいかわからない方に、
僕の作詞の考え方を、簡単ですが共有できればと思います☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

何も作詞は歌だけのものではないです。
文学的な「詩」のジャンルとしても見てくれますし、
自分の心を見つめ直すきっかけになるかもしれませんよ。

作詞において、始まりは、
「何について書こうかな」というテーマですよね。
人によっては「細かなテーマは決めない」というアーティストもいらっしゃいますが、
自分の中でコアとなるものを作っておいて、損はないと思います。
希望、感謝、応援、恋愛、家族、人間愛、生命賛歌など、
上記のような壮大な陽のエネルギーを持つテーマにするもよし
怒り、孤独、戦争反歌、いじめ、格差、大人と子どもの対立など、
猛烈な陰のエネルギーを持つ、ヘイトなテーマの曲というのも面白いです。
また、そんな壮大なテーマで歌うことができないと謙遜する場合は、
身近なことをテーマにするのが手っ取り早いですね。
今日の天気、自然、好きな色、好きな花、季節、飼っている動物、変わった友達について(笑)など、
自分の身の回り全てのものが、テーマの対象として見ることができますよ。

テーマが思い浮かぶことができないという方は、
「誰に向けてのメッセージか」というのを考えてみましょう。
例えば、「親」というテーマを掲げたとして、
父親に向けたものなのか母親に向けたものなのか両親2人ともに向けたものなのか
これだけでも、伝えたいことや各内容というのは大分変わります。
父親なら、厳しさの中にあった優しさについてなのか、グータラでダメな父親についてなのか。
母親なら、毎日料理を作ってくれた感謝なのか、一生懸命若作りをしようとしている光景をネタにする内容なのか。
両親2人なら、父と母の対比を描いてみたり、出会いのことを書いてみるのか。
まるで小説の1シーンを書くような、題材を想像できるかもしれません。
他にも、友達、恋人、元カレ元カノ、大人に向けて、子どもに向けて。
子どもも、対象が小学生なのか、中学生なのか、高校生なのか。
アンジェラアキさんの「手紙〜拝啓 15の君へ〜」は、
明確に15歳(中学3年生)へ向けた内容になっていますよね(*^_^*)

また、この「誰に向けて」というのは、
別に自分以外の他人でなくてもいいのです。
自分自身に対して歌ってもいいのです。
例えば、自分が「恋愛なんてクソ食らえ」と思っている人間だとしましょう(笑)
そんな人間からしたら、町中で流れている恋愛ソングやラブラブ・イチャイチャしているカップルを見ると、
虫唾が走り反吐が出るかもしれませんw
そんな「いちゃついてんじゃねーよゴルァε=ε=(怒゚Д゚)ノ」
という思いを、本心そのままぶちまけた、ネタ的な歌というのも、
自分というアーティストの代名詞的な曲として、受け入れられるかもしれません(´∀`σ)σ

他にも、実体験をテーマにした曲もたくさんありますよね。
植村花菜さんの「トイレの神様」
美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」
海援隊の「母に捧げるバラード」など。
やはり、実体験を元に紡がれた言葉には説得力も強く、
その分メッセージ性も明確ですから、
聴く人に胸打つ言葉がたくさん散りばめられています。

ちなみに僕は、小学生の時に虐められたことがあったり、
中学高校でもいじられキャラとして、なかなかに苦しい学生生活を送っていました。
その為、イジメやイジメが原因で子供が自殺したというニュースを見る度に、
他人事とは思えず、そしてイジメの加害者には猛烈な怒りを覚えます。
なので、現在イジメをテーマにした曲を作成中です。
そのイジメの曲を作るにしても、
被害者へ手を差し伸べる曲なのか、加害者への断罪の曲なのか、
ここでも分かれ道ができるんですね。
どちらの曲かというのは完成してからのお楽しみですが、
選ばなかった方の曲も僕は正解だと思っています。

確かに売れる為には、その曲を聴いた不特定大多数の人間の殆どに共感してもらえないと、
その曲を認めてくれない、聴いてもらえない、好きになってくれないかもしれません。

その為、全ての人に受け入れてもらえる「良い曲を」と
周りの目を気にした曲作りや作詞に躍起になってしまうかもしれません。
でも、他人の目や社会の目、世間の評価を気にしていたら、
描かれる詩の世界観や作られる曲の世界観も、ありきたりなものになりがちです(`・ω・´)

まずは、自分の気持ちを一言二言、
紙やメモ帳などに書き留めておきましょう。
次にその言葉に関連するような言葉を選んだり探しながら、
並行して、その言葉を通して「自分は何を伝えようとしているのだろう、
何故その言葉が出てきたのか」を、素直な気持ちで考えてみてください。
きっと、自分が伝えたかったテーマが見つかるはずです。
あとはその言葉を大黒柱として、たくさんの枝分かれしたフレーズに、
言葉という葉や木の実をつけていくだけです。

そうすれば、あなただけの「オリジナル曲」という
世界に1本しかない木が生まれます!

共に頑張っていきましょう!

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
11/6、Aqua Timez「いつもいっしょ」(ピアノ弾き語り)を販売登録しました!
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.

【ブッキングライブ】
日時:2月28日
open 19:00 start 19:30
前売り:1500円 当日:2000円 + 1drink500円
場所:Live cafe &bar アクアリウム
https://liveaquarium.net/


イベント名や出演者など詳細は未定ですが、
インストゥルメンタルがメインのイベントになるそうです(*^_^*)
追ってお知らせ・更新します!

【オープンマイク】
・日時:1月18(土) 19:00より ←本日です♩
場所:御縁屋赤坂

・日時:1月23(木) 19:30より
場所:TUPELO
・日時:2月19日(水) 20:00より
場所:音楽酒場ブギ

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

小野 史弥

Author:小野 史弥
1990年、福岡県北九州市に生まれる。
5歳からピアノを始める。
小学5年時、親の都合で福岡市に引っ越ししたのを機に習いに行くのは辞めたが、当時から好きな曲を耳コピーしてピアノを弾き続けた。
中学時代に吹奏楽部、高校・大学時代に管弦楽部に入部、パーカッション、ファゴットを担当。
25歳の時、とあるバーでオープンマイクなるイベントを知りピアノ演奏を披露、以降そのバーや近隣のバーで演奏活動を行う。
長年の演奏活動にて培われた音楽知識や感性を元に、オリジナル曲の制作や音楽講座のイベントを積極的に行う。特に音楽講座については、音楽経験者・未経験者問わず、音楽の楽しさや素晴らしさを伝えるため、日々ネタを温めている。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR