fc2ブログ

クラシック:ジルベスターコンサート

こんにちは。
小野 史弥です。

正月休みが終わり仕事始め週でしたが、
皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
日本の休日の特徴が、纏まった休みといってもその期間は短い、ですからね。
僕も特別なお休み感もなく、今週もいつもどおりの生活を過ごしております。

さて、今回ご紹介させていただくのは、
「ジルベスターコンサート」についてです(^-^)/


そもそも「ジルベスター」とはなんでしょう?
ジルベスターとは、ドイツ語で大晦日という意味で、
直訳すると「大晦日の演奏会」ということになります。
そのままですね(´∀`*)

日本ではよく「年末にベートーヴェンの第九を演奏する」というのが通説になっていますが、
この通説は本当に日本独自のもので、海外では珍しいことなんです。
※由来として諸説ありますが、主催・演奏者サイドの給料問題に対し、
合唱含む大規模編成の楽曲で演奏会を行えば、
合唱者のご家族や友人が応援=観客として見に来てくれる
→入場料(売上)が入り、給料問題も解決される
という、結構生々しい由来だったりします……(゚д゚)

しかし、日本の音楽系年越しといえば、
・紅白歌合戦からのゆく年くる年、
・ジャニーズカウントダウンはじめ各アーティストによる年越しライブ、
またテレビではガキ使で年を越すのが一般的だと思います。
しかし年越しのクラシックコンサートも、日本だけのものかと思いきや、
世界でも大晦日コンサートは行われているそうですよ。

ニューイヤーコンサートで有名なウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が、
そのニューイヤーコンサートのゲネプロ(ゲネラルプローベ/最終練習)として、
ジルベスターコンサート(大晦日の演奏会)として行なわれています。
また、世界的なオーケストラであるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団も
大晦日コンサートを行なっています。

さて、日本でも全国各地でジルベスターコンサートが行われていますが、
有名なのが、東急株式会社を中核とする東急グループが筆頭提供する、
「東急ジルベスターコンサート」ですね(*^_^*)
このコンサートの何が有名なのかというのが、
毎年、テーマに沿った選曲でカウントダウン演奏を行い、
最後の1音が、1月1日0時0分0秒で終わるように演奏を行う
というものです(`・ω・´)
この発想及びピッタリ終わった=カウントダウン演奏が成功した時の感動が話題をよび、
毎年テレビでも放送されています。

「音楽は生物であり、生き物である
同じ曲を同じ人間が演奏しても、”全く”同じ演奏というのは
二度とできない」


その為、今年はピッタリ終わることができるのかどうか、
ポップスのように型やテンポも一定ではなく、常に変化が多いクラシック曲で、
いかに年明けジャストに演奏を終えることができるか。
しかも音楽的におかしくない自然な形での演奏も要求されるので、
指揮者の力量が試されるわけです((((;゚Д゚)))))))

しかし、だからこそ何年経過しても「伝説」と語り継がれる名演が
たくさん生まれました.゚+.(・∀・)゚+.

19〜20年の演奏もその1つです。
楽曲はホルストの「惑星」より「木星(ジュピター)」
2019年はラグビーW杯日本大会の年でした。
日本のおもてなし精神たっぷりの対応や、海外選手も日本式の「お辞儀」でファンへの敬意や感謝を伝えるなど、
大会主催側や海外の反応も「歴代の中でも大成功になった大会だ」という声も大きいです。
なにより、ラグビーW杯のテーマソング「World in Union(団結する世界)」は
この木星が元になっている事でも有名です。
そんな記念になった年だからこそ、今回の選曲は木星になりました。

さて、19〜20年のカウントダウン演奏は成功したのでしょうか。
その模様は、下記の動画をご覧ください!


‪組曲『惑星』より「木星」 ホルスト作曲 / 東急ジルベスターコンサート カウントダウン2019-2020‬
https://youtu.be/eZvuo7Jz670

また、過去にも伝説に残る名演がたくさんあります!
有名な曲ばかりなので、クラシック初心者の方もオススメですよ。
さあ、いよいよ2020年、オリンピックyearです。
あなたはこの2020年、どのような生きた証を残しますか?


行進曲『威風堂々』第一番 エルガー作曲 / 東急ジルベスターコンサート カウントダウン2012-2013
https://youtu.be/8tVsbkGcDNc

‪交響詩「フィンランディア」  シベリウス作曲‬ / 東急ジルベスターコンサート カウントダウン2014-2015
https://youtu.be/D8DxmUutTgc

‪「ボレロ」‬ ラヴェル作曲 ※シルヴィ・ギエム引退最終演目 / 東急ジルベスターコンサート カウントダウン2015-2016
https://youtu.be/b3iH3cQFZHU

交響曲第9番「合唱付き」より 第4楽章 ベートーヴェン作曲 / 東急ジルベスターコンサート カウントダウン2005-2006
https://youtu.be/HvbsAwS2H_E

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
11/6、Aqua Timez「いつもいっしょ」(ピアノ弾き語り)を販売登録しました!
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.

【ブッキングライブ】 ←NEW‼︎
日時:2月28日
open 19:00 start 19:30
前売り:1500円 当日:2000円 + 1drink500円
場所:Live cafe &bar アクアリウム
https://liveaquarium.net/

イベント名や出演者など詳細は未定ですが、
インストゥルメンタルがメインのイベントになるそうです(*^_^*)
追ってお知らせ・更新します!

【オープンマイク】
・日時:1月15日(水) 20:00より
場所:音楽酒場ブギ
・日時:1月18(木) 時間情報未定
場所:御縁屋赤坂

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

小野 史弥

Author:小野 史弥
1990年、福岡県北九州市に生まれる。
5歳からピアノを始める。
小学5年時、親の都合で福岡市に引っ越ししたのを機に習いに行くのは辞めたが、当時から好きな曲を耳コピーしてピアノを弾き続けた。
中学時代に吹奏楽部、高校・大学時代に管弦楽部に入部、パーカッション、ファゴットを担当。
25歳の時、とあるバーでオープンマイクなるイベントを知りピアノ演奏を披露、以降そのバーや近隣のバーで演奏活動を行う。
長年の演奏活動にて培われた音楽知識や感性を元に、オリジナル曲の制作や音楽講座のイベントを積極的に行う。特に音楽講座については、音楽経験者・未経験者問わず、音楽の楽しさや素晴らしさを伝えるため、日々ネタを温めている。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR