fc2ブログ

社交ダンス:大会結果!

こんにちは。
小野 史弥です。

2019年11月17日(日)
福岡は大刀洗ドリームセンターにて行われた
西日本ダンス選手権大会。
社交ダンス歴1年(って言っても練習期間はペーペーと変わりません)、
今回の大会のために組んでいただいた即席ペア2ヶ月で、
アマチュアラテンアメリカン、ビギナークラスの
チャチャチャルンバの2種目で踊ってきました♩

結果は………

……

……

ルンバ優勝(同率)‼︎☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
チャチャチャ4位入賞.゚+.(・∀・)゚+.


4C5D5716-1F6D-40B4-BB5F-DCDDC80D9EAC.jpeg

いやー、チャチャチャはうまくいかなかった( ;∀;)
動きが早いし自分の動きだけで精一杯、
それでいてパートナーの女性を踊りやすくリードしないといけない。
目標の笑顔で楽しくは2人とも録画してもらった動画を見る限りできていましたが、
やはり技術的な部分がまだまだですね。
ボディの軸がブレブレで、曲の早さに体が追いついていないのが明白でした(´・_・`)
元々のフィジカル面(筋力とか体の使い方とか)も、純粋な文化系男子からしたら、
ハードルは高かったです……(T_T)。
しかしこの数ヶ月、先生にチャチャのボディの使い方を徹底的に教えていただいたため、
他のライバル達にも負けないほどのボディは使えていたようです。
少しは身になっていたようで、なにより……😌

逆にルンバ!
これは予選から、実は手応えがありました(^-^)/
まだまだ拙いステップのリードの仕方で課題はありますが、
大きなヒップムーブメントができていたと自負できました!
首も前に出ずに姿勢も気をつけることができました。
競技順の関係で先生も近くで見ていたそうなんですが、
かなり良かったとお褒めの言葉もいただきました(´∀`*)
ルンバでのライバルは、他の教室の先生のご子息様ペア。
自分たちのダンスだけで周りの踊りは気にかけていられませんでしたが、
さすがは全日本チャンピオンの息子&10代の元気盛りの肉体ということで、
しっかりと魅せていたようです。
そして教室ぐるみでの応援がすごいすごいw

ちなみに社交ダンスは「スケーティングシステム」という、
1人の審査員が出場チームに順位を付け、
それを集計し最終的な順位を出す、という審査方式です。
これが主催のJDCホームページにも掲載(=どなたでも閲覧可能)されているので、
ページのリンクを紹介します。

http://www.jdc-kyushu.jp/2019/191117/20191117_results_ama.html

審査員によってかなり順位にばらつきがあるペアもある中、
僕らのペアが、
チャチャチャは安定した3位と4位をいただき、
ルンバは安定して1位と2位をいただいています。
ちなみ3月にルンバで出た(準優勝だった)時も、1位のペアは3位を付けているジャッジもいたのに対し、
僕らのペアはやはり安定して2位と1位のジャッジでした。
吹奏楽コンクールでもそうですが、審査をするのは所詮人です。
審査項目はあるでしょうが、やっぱり最後は好き嫌いの「好み」に左右されます。
その中で先生曰く「審査員ごとでブレずに安定した順位を付けてもらえることは結構な武器」
と、また隠れた才能に驚いていました(笑)
※ちなみに今回のような同率優勝というのは滅多にないらしく、
プロの世界でもほとんど見たことがない、とのこと。

他の大会やランク(級)が上がれば、敵対心も強くなるのかもしれませんが、
僕は順位は争いつつも、「お互い全力で楽しもうね(*^_^*)」という考えの持ち主なので、
そのご子息くんにもよく声をかけて緊張をほぐしていました(今回がデビュー戦だったみたいです)。
おかげで大会終了後は「優しく声をかけてくださりありがとうございました」と、
わざわざお礼を言いに来てくれました。
さすがは世界を股にかけて大会に出場されていた父親を持つだけあり、
礼儀やマナーがしっかりされているなと感心しっぱなしです(。-_-。)

大会後は後夜祭として、
ジルバ大会や先生と生徒様が組んで出場されるプロアマミックスコンペ(コンペ=試合)、
そして教室対抗のチームマッチが行われました。
実はこのチームマッチにも僕は参加しました。
新しい女性スタッフの声かけにより、競技人口が少ない若いメンバーで出てみようと
水面下で行われたこのチームマッチ。
現在各々のメンバーが進行形で習っている種目で出場(そうしないと戦力にならないw)し、
僕はルンバで出場しました。
平均年齢2ピー!歳、ダンス歴も出場チーム中ワースト1位の僕らのチームが、
まさかの同率2位入賞をすることになろうとはΣ(´Д`*)

詳細なチェックは公開していないそうなのですが、
僕らのルンバが全チーム中何位だったのか、やはり気になるところではあります(°_°)

そんな、あっという間に過ぎていった1日でした。
競技会のダンスって、1回1分30秒〜40秒ぐらいなので、
本当にあっという間なんです。
そのあっという間の時間に、いかに濃密な表現を魅せられるか、
それを観客に見せることができて拍手をいただいた時、
更にのめり込んでいくんだろうなと思いました。
これからも本職の音楽活動を行う傍ら、
社交ダンスも続けて、表現力を培っていこうと思いますo(^▽^)o

この場をお借りして、先生、パートナーさん、
チームマッチで一緒に踊ってくださった皆さん、同じクラスで出場された選手の皆さん、
そして多方面から応援していただいた皆様、
本当にありがとうございましたm(_ _)m


それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
11/6、Aqua Timez「いつもいっしょ」(ピアノ弾き語り)を販売登録しました!
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【オープンマイク】
・日時:11月20日(水) 20:00より
場所:音楽酒場ブギ
・日時:11月28日(木) 19:30より
場所:TUPERO
・日時:12月1日(日) 19:30より
場所:Live bar I & I

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

プロフィール

小野 史弥

Author:小野 史弥
1990年、福岡県北九州市に生まれる。
5歳からピアノを始める。
小学5年時、親の都合で福岡市に引っ越ししたのを機に習いに行くのは辞めたが、当時から好きな曲を耳コピーしてピアノを弾き続けた。
中学時代に吹奏楽部、高校・大学時代に管弦楽部に入部、パーカッション、ファゴットを担当。
25歳の時、とあるバーでオープンマイクなるイベントを知りピアノ演奏を披露、以降そのバーや近隣のバーで演奏活動を行う。
長年の演奏活動にて培われた音楽知識や感性を元に、オリジナル曲の制作や音楽講座のイベントを積極的に行う。特に音楽講座については、音楽経験者・未経験者問わず、音楽の楽しさや素晴らしさを伝えるため、日々ネタを温めている。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR