fc2ブログ

怒濤の2019年

こんにちは。
小野 史弥です。

お久しぶりのブログ更新です。
かなり日数が開いてしまいました(・・;)
約1ヶ月半ですか……。
いや、書きたかったんですよ!
お話ししたいこと、ご報告したいことなどもたくさんあったんですよ!
書きたかったんですけど……、
文字の入力も遅いし、文字のデコレーションも結構面倒くさく、
なにより時間がかかる‼︎(←それを言っちゃオシマイですが、結構死活問題だったり>_<)
それであれば、現在挑戦中の楽曲の練習をしたり、
新たな楽曲の楽譜作成に集中した方がいいなと思ったわけです。

決して、ポケモンソード・シールドにハマったり、
その音楽を研究していたわけではございませんよ((;゚Д゚))))

そんなこんなで、2019年12月31日。
令和に年号も変わり、初めての大晦日です。
1年に1度の大晦日ですので、ざっくりですが、
僕の2019年を振り返っていきたいと思います(・Д・)ノ

長時間労働や人の趣味や予定を奪ったまで働かせる労働環境。
いっとき「労働」「仕事」というワードを聞くと
禁断症状が出るほど社会に対して絶望しか抱いていなかった前半。
せっかく新しいことにチャレンジして、なんとか自分の時間を作ろうと始めた、
社交ダンスすらも奪われてしまいかねない状況だった為、
半ば自暴自棄のような感じで、仕事を辞めました。

当時もそうでしたが、あれだけ労働環境が社会問題化した今この時でさえも、
「人」として顧みないほどの過酷な労働を課したり、その働いた成果を容赦なく吸い上げ、
これからの未来を担う若者の生活を当然のように搾取するような政策やニュースが飛び交っています。
つまり、上の人たちは改善する気はないんですよね。
自分たちだけが安泰して生活できればいい、という考えなのでしょうから。
恐らく20代・もしくはここまでの人生の中で、
一番社会嫌悪を抱いた年だと、正直思います。

テレビに出るほどの大儲けにはならなくていいから、
まずは生活していけるだけの知名度をあげて、
自分の好きな音楽で生きていこうと思った4月。
この決断が僕の中の大きな1歩でした。
しかし思うように自分の懐に入るような活動になかなか繋がらず、
なけなしの金でコツコツと貯めた貯金もあっという間に窮地に陥り、
現在、派遣で最低限の生活費を稼ぎながら活動をしているのが実情です。

今でも忘れない、最後の会社の人事から言われた言葉。
「会社にいればとりあえずお金は手に入る。
しかし会社を辞めて若いうちにそんな夢を追いかけて、挫折した時、
どこも君を雇わないし、社会から取り残される」
確かにフルタイムで働いていた頃と比べたら、生活はかなり苦しくなりました。
音楽や社交ダンスは、際限なくどんどんお金が飛んで行く世界でもありますから、
正直かなり生活は困窮しています。

しかし、当時の自分と今の自分。
どちらが幸せかと問われたら、
断然!今の方が!メチャクチャ幸せです!
強がりではなく、本心です!


まず、音楽活動について、全く収入がないわけではありません。
幸い幼少期のピアノや学生時代の吹奏楽・オーケストラの活動により、
自分が演奏する曲を楽譜に書き起こすことができます。
それを元に、ピアノソロ用にアレンジした楽譜を、
「Piascore(ピアスコア)」というサイトでインターネット販売しております。
母数が少ない為、まずは大量のアレンジ楽曲、オリジナル曲の制譜が急務ですが、
ありがたいことに、少しずつ手に取っていただける方が増えているというもの確かです。

小野史弥 楽譜販売サイト
https://store.piascore.com/search?c=399

また、今年は叶わなかった音源制作。
所謂CD製作や音源データを作成しネット配信を行うなどですね。
2020年は「必ず1枚CD作ります!」
音楽スタジオに予算や作り方について何度か相談させていただいておりますし、
「CDの時代は終わったからネット配信がいいよ!」
とアドバイスをくださる先輩音楽家の方からも情報を頂いたりしています。
現在頭の中でラインナップする楽曲や構想は持っているので、
あとはそれを形にする為に行動するだけです(`・ω・´)

そして、僕の中の2019年といえば、社交ダンス
これを外して、小野史弥の2019年は語れません!

3月と11月、それぞれダンスを始めて5ヶ月と1年で競技会にも出演させていただき、
それぞれ準優勝や(同率)優勝をさせていただいたりと、
努力が結果として実感できる貴重な経験をさせていただけました。
その他、ダンスパーティーにも参加させていただく機会もあり、
1回目に参加した時より2回目に参加させていただいたときの方が、
ワルツもタンゴも練習の成果やリードがしっかりできたので、
自分でも続けてきた時間や成長を実感することができた、
嬉しい瞬間でした。
なにより、音楽と一体になって体で表現する社交ダンス。
音楽でも欠かせない表現力について、社交ダンスでもかなり鍛えられているという
実感も感じています♩

前途多難で一寸先は闇の状態が正直続いていますが、
好きなことややりたいことを抑圧されて、生活の為にやりたくもない労働や仕事を強制される人生より、
最悪成功しないまま◯ぬかもしれない状態でも、好きなことややりたいことに全力を捧げる人生の方が、
生きている実感が湧いています。
1度きりの人生です。
少し自分に正直に、茨の道を歩いていますが、
少なくとも後悔はありません。

2020年、キリのいい年数でもあります。
ついでに自分の年齢もキリのいい年齢にもなります( ;∀;)
世間体としてあーだこーだ言われるかもしれませんが、
正直そんなこと知ったこっちゃありません!
いつでも隣にいて支えてくれる音楽と共に、これからも生きていきます。

最後に年末に相応しく、ベートーベンの交響曲第九番「合唱付き」の
おすすめ音源を3つ紹介して、2019年のブログを終了いたします。

2019年、多くの皆様に大変お世話に成りました。
皆様にとって2020年が、幸多いとしになりますよう………

・カラヤン×ベルリンフィル
https://youtu.be/HV7bgY626rU

・テンシュテット×ロンドンフィル
https://youtu.be/idqMV80fQ9k

・ドゥダメル×ガリシア交響楽団
https://youtu.be/reR6josvHP8

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【オープンマイク】
・日時:1月5日(日) 19:30より
場所:TUPELO
・日時:1月15日(水) 20:00より
場所:音楽酒場ブギ
・日時:1月18(木) 時間情報未定
場所:御縁屋赤坂

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/
スポンサーサイト



 | ホーム | 

プロフィール

小野 史弥

Author:小野 史弥
1990年、福岡県北九州市に生まれる。
5歳からピアノを始める。
小学5年時、親の都合で福岡市に引っ越ししたのを機に習いに行くのは辞めたが、当時から好きな曲を耳コピーしてピアノを弾き続けた。
中学時代に吹奏楽部、高校・大学時代に管弦楽部に入部、パーカッション、ファゴットを担当。
25歳の時、とあるバーでオープンマイクなるイベントを知りピアノ演奏を披露、以降そのバーや近隣のバーで演奏活動を行う。
長年の演奏活動にて培われた音楽知識や感性を元に、オリジナル曲の制作や音楽講座のイベントを積極的に行う。特に音楽講座については、音楽経験者・未経験者問わず、音楽の楽しさや素晴らしさを伝えるため、日々ネタを温めている。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR