fc2ブログ

音楽講座:終止形(カデンツ)③

こんにちは。
小野 史弥です。

今回も音楽講座です。
これまで2種類の終止形のコードをお話ししました。
ソシレ→ドミソ、Ⅴの和音→Ⅰの和音に戻る
ドミナント→トニカ
ファラド→ドミソ、Ⅳの和音→Ⅰの和音に戻る
サブドミナント→トニカ
この2つでしたね。
単発で十分終止形になるのですが、
C→F→C→G→C、Ⅰ→Ⅳ→Ⅰ→Ⅴ→Ⅰ
という、吹奏楽での基礎合奏でもお馴染みのハーモニー進行もあります。
この形がそのまま曲で引用されるかというと、
曲の盛り上がりや展開もある為なかなか聞かないですけどね。

さて、前回ドミナント→トニカはハッキリとした終止形の形
サブドミナント→トニカは柔らかい感じの終止形の形
になるとお話ししました。
そのことについて、少しお話ししたいと思います。

この2つの終止形の違いは、
2つのコードで「共通している音」の違いです!


分かりやすいため、サブドミナント→トニカから解説しますね。
キーはCメジャーで考えます。
実際の音で表すと、
ファラド→ドミソとなります。
2つの和音で共通している音は「ド」です。
ここでいう「ド」の音は主音
つまり曲を支配する一番の主軸となる音です(`・ω・´)
その大黒柱となる音が2つのコード共に鳴っている為、
内声部分だけが動くので、優しく滑らかな終止形の響きになるのです♬
逆を言うと、2つのコードでどちらも「ド」を担当している人は、
内声から主音に変わることを意識して奏でると、
同じ音なのに響きの違いや説得感を持たせることができますよo(^▽^)o

では、ドミナント→トニカの場合はどうでしょう。
実際の音で表すと、
ソシレ→ドミソとなり、
2つの和音で共通している音は「ソ」になります。
一番の決定的な違いは、
ドミナント(ソシレ)には主音となる「ド」の音が含まれていないということです((;゚Д゚))))
曲を支配する主軸となる音を含んでいない為、
このドミナントの和音それ独自でとても強い個性を持っているのです!
また、ソシレの和音でハーモニーの基準として主張している「ソ」の音も、
ドミソに戻れば内声(要はハモリの為の音)に変わります。
そしてドの1つ下の音である「シ(Ⅶの音)」の音が、
トニカに戻る為のドの音を予感させる、導く響き(=導音)を持たせた上で、
ドミソに回帰するという、
理論的にもそれぞれ全く色の違う2つの和音の為、
こうもハッキリと終止形の形が現れるのです(`・ω・´)


文章だけだと表現に限界がありますので、
ぜひ実際の音を出しながら確認されてみてください!
カデンツを使いこなして、
ご自身の演奏や楽曲制作に是非ご活用いただければと思います\(^o^)/


それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【ブッキングライブ】
・鍵盤弾き語りアーティスト限定ライブイベント
【白と黒の唄】

日時;10/11(金)
open 19:30 start 20:00
チャージ:前売り1500円、当日2000円 + 1drink500円
場所:Livecafe&bar アクアリウム
https://liveaquarium.net/

【オープンマイク】
・日時:9月1日(日) 19:30より ←明日ですよ♩
場所:LiveBar i&i
・日時:10月6日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/
スポンサーサイト



音楽講座:終止形(カデンツ)②

こんにちは。
小野 史弥です。

突然の気温変化、
35℃が当たり前だった日々が、いきなり最高気温28℃とかに!
皆様、体調を崩されませぬようΣ(ω |||)

さて、今回は音楽講座です。
前回に引き続き、終止形カデンツを
やっていきますよ(`・ω・´)

前回の記事は終止形の基本形
特にソシレ→Ⅴの和音→ドミナントと、
ドミソ→Ⅰの和音→トニカに戻るお話をいたしました。

↓音楽講座:終止形(カデンツ)①↓
https://bravomusic.blog.fc2.com/blog-entry-85.html

今回もⅠの和音→トニカと、
新たな和音との関係性について見ていこうと思います!
その和音とは、ファラド→Ⅳの和音です!
なぜⅣの和音と呼ばれるのか、
それは「和音の一番低い音であるファの音が
主音(ド)から見て4度目の音だから」でしたね。

そして、このⅣの和音がもう1つの名称がありました。
覚えていますかね?
答えは「サブドミナント」です♩
なぜ「サブ」と付くかは、意外と単純で、
「ドミナント(ソシレ)の1つ下の音だから」なんですよ(笑)

ギターやピアノなど、楽器を持っている方は、
実際にドミソ(Cメジャー)→ファラド(Fメジャー)を交互に弾いてみてください。
……なんか聴いたことのあるような感覚になってきませんか?
なんだか壮大な教会などで、両手を組み合わせ、
神に向かってお祈りしたくなるような感覚
になりませんか?
(ほぼネタバレですw)

実はこのファラド→ドミソ、
Ⅳの和音→Ⅰ和音、サブドミナント→トニカに戻る和音というのは、
教会音楽(キリスト教)の「アーメン」の部分に相当する
コード進行なのです(`・ω・´)

近親調(ドミソの家族のような和音グループ)の一つでもあるファミソ(Ⅳの和音)は、
ドミナント(ソシレ)のような明確的にハッキリとした和音ではなく、
物腰が柔らかいながらも、背中を押しながら次のコードに進め力を与えるような、
そんな不思議な響きになります。
これも抽象的な例えになりますが、
ドミナント(ソシレ)が、体育会系の男らしい白黒はっきりさせたいような正義感の強いお兄ちゃん
サブドミナントが、芯を持って自分を持ちながら他者を気にかけるようなしっかり者のお姉ちゃん
といった響きの感覚です
(あくまで僕個人の感覚です)。

その為曲中で使用する時には、
曲の響きを和らげるためや、
曲の終止形に繋げるときに内なる強さを持たせたい時に
このコードが利用されることが多いですね。

さて、先程このサブドミナント→トニカの終止形は
教会音楽、賛美歌の「アーメン」に相当する、とお伝えしました。
キリスト教の友人にお話を聞いたところ、
全ての賛美歌の歌い終わりは、この「アーメン」を歌って締めるそうです。
そこで、結婚式でもよく歌われる、
賛美歌312番「いつくしみ深き」を聴いてみましょう!
最後のアーメンに中耳です♩


https://youtu.be/HYtju3yW9Jg

また、キリスト教の音楽に深い関係があったということで、
クラシック音楽でも、サブドミナント→トニカによる終止形は多いですね。
特に宗教音楽の要素が強い、
フィンランディアでお馴染みのシベリウスの音楽が、それに当たります。
フィンランディア自体にも沢山のドミナント→トニカの形式や、
そして最後にはサブドミナント→トニカ→ドミナント→トニカという
壮大な終止形を持って曲を閉じるのですo(^▽^)o


フィンランディア
https://youtu.be/tIYCBxmnWXY

こうして文字で書いても、
「あ、これがドミナントかあ」って理解するのは難しいものです。
ただ、「どれがドミナントだろう」「いつサブドミナント→トニカに戻ったのか」
というのを意識しながら曲を聞いたり練習していると、
いつの間にか耳が鍛えられていきますよ✴︎


それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
※8/18、オリジナル「WindGreen」、Aqua Timez「青い空」をリリースしました‼︎
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【ブッキングライブ】
・鍵盤弾き語りアーティスト限定ライブイベント
【白と黒の唄】

日時;10/11(金)
open 19:30 start 20:00
チャージ:前売り1500円、当日2000円 + 1drink500円
場所:Livecafe&bar アクアリウム
https://liveaquarium.net/

【オープンマイク】
場所:ENOTN Akasaka Studio
・日時:9月1日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
・日時:10月6日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/

音楽講座:終止形(カデンツ)①

こんにちは。
小野 史弥です。

久々の音楽講座ですね。
この終止形シリーズで、楽典などの音楽理論に基づく
音楽講座は一旦終了となります。
最後まで頑張っていきましょう(^-^)/

今回は音楽の終止形についてです。
専門用語で「カデンツ(カデンツァ)」とも呼ばれます。

簡単に言い表すと、
曲やフレーズを一区切り、もしくは終了するための、
定型的な終わり方をいいます。


皆さん、幼稚園・小学生時代、
こんなことをやらされていませんでしたか?

起立!(ジャーン↑)
礼!(ジャーン↓)
着席!(ジャーン↑)


特に幼稚園だと、先生のピアノ付きで
やらされていたことと思います。
この、(ジャーン↑)→(ジャーン↓)→(ジャーン↑)というピアノの流れ、
これが今回の最大のポイントです(`・ω・´)

では、実際のこの流れが何の音で構成されているか、
覗いてみましょう(^o^)/

起立!(ジャーン↑)→ドミソ
礼!(ジャーン↓)→シレソ
着席!(ジャーン↑)→ドミソ


こんな構造になっています。
これをコードで表すと、
C→G→C
となります。
Ⅰの和音(主和音)から始まり、
Ⅴの和音(属和音)を経て、
Ⅰの和音(主和音)に戻る。

堅苦しく言うとこうなります。
これが終止形・カデンツの基本形になります♩

では全ての曲がこの形で、終止形を形成しているかというと、
そうではございません!
お察しのいい方もいらっしゃるかもしれませんが、
コード進行の時にG→Cを、
堅苦しい説明時にⅤの和音(属和音)を経て、Ⅰの和音(主和音)に戻る
という部分を太字にしました。

そう、終止形を形作る90%の正体は
このⅤの和音(属和音)を経て、Ⅰの和音(主和音)に戻るという形なんです。
Ⅴの和音(属和音)を別名「ドミナント」
Ⅰの和音(主和音)を別名「トニカ」

ということは、皆様覚えていらっしゃいますか?
この「ドミナント→トニカ」の関係こそ、
フレーズの終わりを感じさせる決定打となるのです(`・ω・´)
この法則はほぼ全ての曲に使われていますので、
ほぼ全ての人が感覚的に、この音形を感じているわけです!

いかがですか?
何も知らずに曲を聴いたり演奏したりしている時と、
この終止形の意味が分かった上で聴いたり演奏する時とで、
説得力がまるで別物になっているのではないでしょうか(*^_^*)

ここまでが終止形カデンツの基本形です。
次回は、もう一つの終止形を見ていきますよ★


それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
※8/18、オリジナル「WindGreen」、Aqua Timez「青い空」をリリースしました‼︎
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【ブッキングライブ】
・鍵盤弾き語りアーティスト限定ライブイベント
【白と黒の唄】

日時;10/11(金)
open 19:30 start 20:00
チャージ:前売り1500円、当日2000円 + 1drink500円
場所:Livecafe&bar アクアリウム
https://liveaquarium.net/

【オープンマイク】
日時:8月24日(土) 20:00より 本日です!
場所:ENOTN Akasaka Studio
・日時:9月1日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
・日時:10月6日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/

「詞」の力

こんにちは。
小野 史弥です。

「音楽の力」「言葉の力」
これは僕が大好きなAqua Timez(2018年解散(T-T))のボーカル、
太志がよく口にしていた言葉です。
普段言えないことも、音楽を通してなら伝えられる
という信念の元、素晴らしい楽曲の数々が世に放たれました。
また、僕の書く歌モノの歌詞は、
少なからずAqua Timezの影響を強く受けています。

さて、日本で音楽活動といえば、ほとんどが歌モノです。
インストをメインにしている人達に対して
「歌わないんですか」と聞かれるのもザラですし、
「歌ものをやらないと売れないよ」とすら言われた始末です。
歌ものも好きですが、自分の世界観を表現するのに、
インストが好都合だったというだけで……。

話が逸れてしまいましたが、似たような感じで、
「歌で歌われていることって、所詮は綺麗事じゃん」
「そんなにうまいこといけば苦労しないよ」

と、音楽を酷評する評論家達の言葉をテレビで見たことがあります。
また、Aqua Timezで言えば
彼らの大ヒット曲「虹」の歌い出し、
“大丈夫だよ”
という歌詞について、Aqua Timezのラジオであるリスナーから、
「当時色々なことに追われていた私は、このフレーズを聞いた時に、
『大丈夫じゃねえよε=ε=(怒゚Д゚)ノ』とマジレスしていましたw」
というお便りが届き、メンバー全員苦笑いしていたそうです。

確かに情景や心情を表現すことが多い歌詞の世界は、
アニメや漫画のように、現実不可能な綺麗事が紡がれているかもしれません。
例えば、海援隊の「贈る言葉」の2番の歌詞
“信じられぬと 嘆くよりも
人を信じて 傷つくほうがいい”

について、
「傷付いた事象は変わらない、その傷は今後どうやって修復するんだ」
「人を信じて傷つくなんて裏切りじゃん、それで失うものってどれだけあるんだよ」

といった、マジメな批判をされることだってありえます。
例えば、今話題のRADWIMPSの「愛にできることはまだあるかい」
「いやねえよw愛さえあれば乗り越えられるとか言ってたくせに、所詮顔と金じゃねえかw
と、リア充爆発しろ委員会の方々は嬉々として叛旗を翻すことでしょう(笑)

なぜこんな事が起きるのでしょうか。
それって、大人になるにつれて、
この世界の実情=「現実」というもをまざまざと見せつけられ、
理想として紡がれる言葉を
信じられなくなってしまっているのではないでしょうか。


よく色々な曲に、
「大人から”現実を見ろ”と言われる」
的な歌詞ってありますよね。

・上記の「愛にできることはまだあるかい」の中にも
“夢や希望や絆とかの魔法
使い道もなく 大人は目を背ける”
という一節があります。
・また、アニメ「金色のガッシュベル」の
オープニング「カサブタ」では、
「明日へ向かう坂道の途中で
すれ違う大人達は呟くのさ(おそらく主人公は高校生や20代の若者でしょう)
『愛とか夢とか理想も解るけど
目の前の現実はそんなに甘くない』って」
と綴っています。
・はたまた、アニメやゲームでも、
好きな子が世界を守るために自分を犠牲にしなければならず、
諦めきれない(少年)主人公に対して
「いつまでも子どものままではいれない」「いい加減大人になれ」
と、大人が嗜めるシーンも多くあります。
・果ては、「いい歳なんだから、いつまでも夢を見ずに現実を見ろ」
というのは、実際に僕がある会社を退社する際に上司から言われた言葉でもあります。

人間が生活を営んでいくためには、
やりたいことや好きなことだけでは生きていけないのかもしれません。
もし好きなことで生活ができようになったとしても、
その中で様々な制約やルール、縛り付けるものがあって、
歌詞で歌われている理想や綺麗事を
「100%実践し実感している」人なんて、
恐らく皆無だと思います。


だからこそ、頭の中で
こんな言葉が聞こえるようになるのではないでしょうか。
「そんな人生でいいの?」
「そんな世界で生きて楽しいの?」
と。


言うだけならタダです‼︎←超重要‼︎
人間は、(普段)自分にできないことを誰かが声に出していることに、
興味を持ったり、感動する心理的な側面を持っています
現実には実現しない、達成できないことを歌詞に込め高々と歌い上げるからこそ、
聴いている人の心に響くのかもしれません。
「愛している」「君が好き」「ありがとう」
普段口にすることが恥ずかしい言葉も、メロディに乗せるだけで、
自然と言えたりしますよね。
だからこそ音楽のジャンルの中で
「歌」というのが人々に圧倒的な支持を得ているのだと思います。
音楽という耳だけで得る情報だけでなく
言葉という目で直接見て意味を理解するツールもあるわけですから。

僕は吹奏楽やオーケストラ出身なので、
言葉のないインストも好きです。
しかし、僕がAqua Timezの歌詞や曲に救われたように、
歌、特に歌詞の力というのも実感しています。
インストと歌モノ、どっちが優れているか論争なんて
ナンセンス!o(o・`з・´o)ノ


歌い手さんは、その曲の意味を吟味して歌われたり、
作詞もされる方(特にシンガーソングライターさん)は、
聴く人が「この歌で勇気をもらった」と言ってくださるような
言葉一つ一つを大切に紡いでいきたいですね(*^_^*)

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
※8/18、オリジナル「WindGreen」、Aqua Timez「青い空」をリリースしました‼︎
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【ブッキングライブ】
・鍵盤弾き語りアーティスト限定ライブイベント
【白と黒の唄】

日時;10/11(金)
open 19:30 start 20:00
チャージ:前売り1500円、当日2000円 + 1drink500円
場所:Livecafe&bar アクアリウム
https://liveaquarium.net/
※HPが閲覧できるようになりました\(^o^)/

【オープンマイク】
日時:8月24日(土) 20:00より ←今週の土曜日です!
場所:ENOTN Akasaka Studio
・日時:9月1日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
・日時:10月6日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/

ボレロの要素を含む曲

こんにちは。
小野 史弥です。

過去の記事にて、ラヴェルの「ボレロ」について
紹介した記事があります。

フレーズを付け足すこと
https://bravomusic.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

実はこの「ボレロ」という言葉も、
固有名詞ではありません
ボレロとは、3連符の要素を多く含む
3拍子or4拍子の「舞曲」の総称です。

ラヴェルのボレロも、「バレエ」曲として認知されています。
特徴的なのは、やはりそのリズムですよね。

「タン タタタ タン タタタ タンタン
タン タタタ タン タタタ タタタタタタ」


というリズムがスネアドラム(小太鼓)によって、
その曲を支配するわけです♩

ネットでボレロと検索すると、ラヴェルのボレロか、
ファッションでのボレロが、その検索結果のほとんどを占めます。
しかし、実はこのボレロの要素を持った曲は、
他のクラシック曲や様々な音楽シーンで
使われていたりするのです(`・ω・´)


今回はそんなボレロの要素を持った曲を
2曲ご案内しますヽ(´∀`)ノ


・バレエ音楽「ガイーヌ」より「フィナーレ」/ハチャトゥリアン
※2:06ぐらいからの部分です。
https://youtu.be/r2IODiptWqI

ロシア(旧ソ連)の作曲家、ハチャトゥリアンのバレエ曲です。
有名なものは「剣の舞」や「レズギンカ」が挙げられますね。
フィナーレにふさわしく、力強く華やかに歌い上げられます!

・「天命(divine decree)」/ファイアーエムブレム 覚醒より
https://youtu.be/_rQR7cgOtYc

最新作も発売されたファイアーエムブレムシリーズの中でも、
1回聞くとその中毒性でなかなか忘れられない曲です。
ストーリーにも関わってくるのですが、とても宗教的な楽曲でもあります。
静と動の2バージョンがある為、聴き比べるのも楽しみの1つです(^o^)

ボレロはレゲエやポルカなどと同じく、
その楽曲を指すジャンルの1つです。
あのリズムの上で、奏でられるメロディやコードを独自のものにすれば、
あなただけのオリジナルの「ボレロ」が出来上がるかもしれませんよ(/∀\*)

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
※8/14、オリジナル「AquaBlue」、Aqua Timez「銀河鉄道の夜」
8/18、オリジナル「WindGreen」、Aqua Timez「青い空」をリリースしました‼︎

アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【ブッキングライブ】
・鍵盤弾き語りアーティスト限定ライブイベント
【白と黒の唄】

日時;10/11(金)
open 19:30 start 20:00
チャージ:前売り1500円、当日2000円 + 1drink500円
場所:Livecafe&bar アクアリウム
https://liveaquarium.net/
※HPが閲覧できるようになりました\(^o^)/

【オープンマイク】
・日時:8月24日(土) 20:00より ←今週の土曜日です!
場所:ENOTN Akasaka Studio
・日時:9月1日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
・日時:10月6日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/


男らしさ女らしさ

こんにちは。
小野 史弥です。

小さい頃から僕の人生に付きまとい苦しめるもの、
それはジェンダーの確執、簡単に言うと、
男らしさ女らしさです。
最近、何かにつけてこのお話に触れることが多かったので、
改めて徒然に駄文を書き連ねてみようかと思います。

皆さん、男性に求めているものってなんですか?
男→男に向けてでもいいですし、女→男に向けてでも構いません。
経済力?力強さ?賢さ?包容力?責任感?忠誠心?
バリトンボイスのイケボ?なんでも許してくれる器の広さ?
はたまた顔?w

僕は小さい頃から運動が好きではなく、女系家族だったというのも一因があるのか、
ずっと音楽や絵など芸術関連の分野が好きでした。
クラスの男子が外でボール遊びや運動にいそしむ中、
僕は女子と混ざって教室にあったピアノやリコーダーで、
ずっと音楽で遊んでいたのを思い出します。
男子と遊ぶのはゲームくらいで、外で遊ばなかった僕は、
端から見たら男の子としては、異端児だったことでしょう。
しかし、女子の好きなものといえば、アイドル。
当時モーニング娘。がブームで女子はそれに熱中、
僕は一応自意識は男だったため、小学生の男の子らしく、
モー娘。などのアイドルはあまり好きではありませんでした。
つまり、男子グループにも同一化になれずかといって完全に女子の輪にも入れず
極端に言えば孤立化、クラスで浮いた存在でした。

更にその中でも、スポーツではなくピアノという、
「女の子が習うもの」という「固定観念の要素」を持っていた僕は、
僕の評価は他の男子と比べ、一定の線引きをされていました。

現在、草食系男子という言葉も社会に浸透し、「男子の女子化」が嘆かれる時代
多様性を認めようとする現代であるにもかかわらず、こういった言葉が出てきたり
オネエ系のタレントさんが出てきたらまあ囃し立ててますよね
男性声優の代永翼さんや村瀬歩さんといった、
女性トーンの声も出せる方を「女子〜」とネタにしていたり。
※本人公認でもありますしそれをネタとしてキャラ作りとしていますが。
そして女性も女性で、オラオラ系口調の女性を嗜む動きがあったり、
やはり清楚で上品な女性像を求める風潮が、強く社会に蔓延っています。

なぜそんなことが生まれるのか。
それって結局は、「男は男らしく」という
ジェンダー思想が強く根付いて、それを万人に強制しているからじゃないですか?
それから逸脱した存在だから、排除する為に、抑制する為に、
こんな動きが出てきているのではないでしょうか。


ちゃんとした検査などをしたことはないので明確なことは言えませんが、
僕は体は男ですし心も男です。
しかし、趣味や嗜好は女性寄りのものが多いんです。
その為に、周りからの圧力や心無い言動、行動に苦しめられてきました。

音楽や社交ダンスもそうです。
男が音楽をするのは「ギター」か「バンド」という、この風潮。
実際クラシック音楽で活躍されている方、作曲者や指揮者も男性が多く活躍されているというのに、
それでも「男としては……弱いな」という空気を、いまだに感じます。
じゃあスポーツということで、社交ダンスも始めました。
するとなおさら「男『のくせに』社交ダンスwww」と盛大な偏見を持たれます。
でもいざやってみると、これでもかというほど「男らしさ」を求めてくるスポーツです。
女性へのリード・エスコート、肉体強化、表現でも男性らしい力強さや男らしいセクシーさなど。
小さい頃から女子に囲まれ、ピアノやオーケストラで叙情も女性的な感性が育っているせいか、
ダンスや手の所作1つ取ってみても、どちらかというと女性っぽいんですよね。
※だからダンス初心者なのに、ベテランのおば様から
「手の動きがキレイ」って言われたのかも……。

もうすぐ30になるというのに、
いまだにジェンダーの狭間で苦しみ、戦っています。
生物的な雄、雌としての役割もあるんでしょうが、
僕らは人間、他の動物にはない芸術表現ができます
いつの日か、そういう生物的な雄や雌、一般論的な男女の固定観念を全て取り払って、
真の意味で個性の表現を自由に認められて、
素の自分が表現できたらいいなあ
、と、
親知らずの痛みに苦しみながら思う今日この頃でした( ;∀;)

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
※8/14、オリジナル「AquaBlue」、Aqua Timez「銀河鉄道の夜」
8/18、オリジナル「WindGreen」、Aqua Timez「青い空」をリリースしました‼︎

アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【ブッキングライブ】←NEW!!
・鍵盤弾き語りアーティスト限定ライブイベント
【白と黒の唄】
日時;10/11(金)
open 19:30 start 20:00
チャージ:前売り1500円、当日2000円 + 1drink500円
場所:Livecafe&bar アクアリウム
https://liveaquarium.net/
※2019/8/16現在、HPが閲覧できないそうです、ご注意ください。

【オープンマイク】
・日時:8月24日(土) 20:00より
場所:ENOTN Akasaka Studio
・日時:9月1日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
・日時:10月6日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/

最後の親不知抜歯……

こんにちは。
小野 史弥です。

本日、最後の1本となる右下の親不知を抜きました!
前回の左下の時のように、抉り出すようなひどいことはなかったものの、
それでも横向きに生え埋まっていたことに対する難しさは変わらず。
かなりグイグイされました( ;∀;)
っていうかそもそも麻酔を打った時点から
尋常じゃないくらい頰が腫れるってどうよw

現在抜歯後3時間、痛み止めも飲みましたが、
麻酔も切れて感覚も取り戻し始めました。
さあ、これから1週間、痛みと腫れとの戦いだよ(ToT)

前回の様子だと、この1週間は
歌はもちろん、インストだけでも、ピアノを弾く時の反動が伝わり、
結構痛みが疼きました。

なので、しばらく楽器練習ができません( ;∀;)

なので、この時間を使って、
まだ製譜していないオリジナル曲の楽譜作成や、
今後演奏する予定の曲のアレンジ楽譜の制作に当てます。
音楽は何も演奏、ライブだけではありません。
こういう生み出すことも立派な音楽活動です。

早く痛みを直して、
また皆様に、音楽の楽しさを伝えられるように
少しの間、充電期間に入りますね(・Д・)ノ

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
※8/14、オリジナル「AquaBlue」、Aqua Timez「銀河鉄道の夜」をリリースしました‼︎
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【ブッキングライブ】←NEW!!
・鍵盤弾き語りアーティスト限定ライブイベント
【白と黒の唄】
日時;10/11(金)
open 19:30 start 20:00
チャージ:前売り1500円、当日2000円 + 1drink500円
場所:Livecafe&bar アクアリウム
https://liveaquarium.net/
※2019/8/16現在、HPが閲覧できないそうです、ご注意ください。

【オープンマイク】
・日時:8月24日(土) 20:00より
場所:ENOTN Akasaka Studio
・日時:9月1日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
・日時:10月6日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/

ピアノ男子ってホントにモテるの?

こんにちは。
小野 史弥です。

……初っ端からインパクト大なタイトルですがw
このお話をしようと思ったのは、
とある動画を見たのがキッカケなんです。
それは、大人気の雑学紹介系YouTubeチャンネル、
「フェルミ研究所」の動画です。

‪【漫画】「※ただしイケメンに限る」を実感した瞬間【マンガ動画】
https://youtu.be/iI9L13ff9Bk

こちらも動画のタイトルが強烈ですねw
様々な事象や話題を独自の観点で
時々マジメに、時々ブラックジョークをかましながらバッサバッサ斬り込んでいく内容で、
チャンネル登録100万人以上いる大人気チャンネルです。
で、この動画の中に、
「楽器やっている男子ってポイント高いよねー」って女子が言うのに対し、
オタク男子が「軽音部で楽器をしていた」と話しても空気がシラけてしまった、

というシーンがありました。

さて、この内容を引用するわけではありませんが、
私、小野史弥は、生まれてこのかた、
1度もモテたことがありません‼︎(突然のカミングアウトヽ(;▽;)ノ)

よく、僕が「ピアノしてるんです」とお話しした時に、
「じゃあモテるでしょ」「ピアノ弾ける男子ってかっこいいよ」
と言っていただけるのですが、
ハッキリ言って、社交辞令と捉えています。
告られたことも一回もないですし、
そう言ってくださる方に「じゃあ僕と付き合うか」と街頭アンケートしたら、
全員が「付き合わない」を選択するでしょうw
※女の子同士で「カワイイ〜♡」と言い合っているのと
同レベルだと思っています←これも偏見かな?

本当に腕もピカイチで、顔もイケメンであれば違っていたかもしれません。
福山雅治さんジャニーズの方がピアノ弾いてたら、
恐らく周りは女性の海になっていることでしょう。
つまりはそういうことです( ;∀;)
「容姿のことで悪口を言ったり差別したりするな」
という教育は、どこに行ったのでしょうかwww

それに、同じ楽器でも、ピアノ男子とギター男子では、
圧倒的にギター男子の方がモテてます!(主観)
そもそも男性で楽器をしているとなると、
ピアノよりギターをしている方が断然多いですし。

これってやっぱり、
ピアノは女の子が習うもの」「男はスポーツだ
という、ジェンダーの固定観念が縛り付けているんだと思います。

幼児〜小学生まではピアノ教室も、圧倒的に女の子が多いですし、
学校ではピアノを習っているという理由だけで
「オカマ」といじめられましたし
(実体験済み)。
中学も吹奏楽部に入部する男子はとても少なく、
吹部に入った男子を他の男子達は、稀有の眼差しを向けていました。
合唱コンクールでも男子はマジメに取り組まないし、
もちろん女子からピアノ伴奏について、モテたこともありません。
(サブのピアノ伴奏担当でもありましたが、男子はマジメに声も出してくれないため、
男声のパワー不足→歌に回され、相変わらずピアノ男子は軟弱だといじめの対象に)

少し変わり始めたのは高校からでしたね。
どの世代でも、時代でも、高校生からバンドに対する憧れが強くなり、
「女子にモテたい」という理由で楽器をバカにしていた男子達が、
ギターを手にする生徒が多くいました。
そして文化祭で生徒主体のライブをした時、
その男子学生バンドはそこそこ盛り上がっていたのです。
元々ムードメーカーでクラスでも人気があったので、当然ちゃ当然かもしれませんが。
なにこれ、世の中こんなに不平等にできているのby心の声w

しかし、そのライブに僕もピアノソロ(弾き語り)で参戦した時、
当時もネタ(笑い者)キャラとして扱われていた僕のピアノに、
何故か「ザワザワ……」と驚きの声があがるではありませんか。
ピアノが弾けることを学年の殆どの人が知っていたはずなのに、
まさかのリアクションで、演奏しながら笑ってしまいましたがw
そして、バラード中心に3曲演奏し終えた僕に待っていたものは、
冷やかす笑いや囃し立てる拍手ではなく、
マジメに演奏を聴き終えた後に流れる通常の拍手でした。

その拍手に本当に安堵の気持ちを持っていたのを覚えています。
絶対に笑われると思っていたので。
更に、その放課後、クラスの女子から、
「○○ちゃんが小野くんの演奏を聴いて、感動して泣いてたよ」
と教えてくれたんです。

当時から人間不信だった僕は、冗談半分に聞き流していたのですが、
教えてくれた女子は、クラスの女子のリーダー的存在の子だったので、
嘘や社交辞令で出た内容でもないのだろうとも思っていました。

実技教科(音楽、書道、美術)は選択であり、勿論音楽を選択していた僕は、
授業が始まる前の時間で、友達のリクエストを受けて、
当時流行りの曲をピアノでアレンジして演奏することも多く、
発表授業が近づくとよくピアノ伴奏に駆り出されたりもしました。
その時にようやく、「ピアノが弾けるなんてすげー(すごいね)」と
男女問わず声をかけられるようになりました。

大学以降は「男のくせにピアノなんて」と言われることは全くなくなり、
一つの個性として認めてくれました。
それでモテたかといったら、モテませんでしたがw、
普段のコミュニケーションの中でも、自分がピアノを弾いていることを素直に言えるようになりましたし、
それで人との繋がりも生まれました。

こうしてみると、子ども時代って本当に保守的ですね。
周りと一緒じゃなきゃ安心できない、そこからはみ出しているものを排除する。
過去の経験も踏まえて、個人的にいじめの本質って、
こうだと考えています

それから色んな人や環境に揉まれていって、様々な価値観に触れて
多様性を磨きあげるんでしょうね
かといって、それでも僕は一度もモテたことがありませんがw

【結論】
ピアノ男子がモテるかどうかは「顔次第」!
でも人との(女の子とも)繋がりを作るキッカケにはなります!


………個人的にはずっとモテたことないので、
「ピアノ男子はモテる」という固定観念も、
どうか捨ててくださいねw

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
※8/14、オリジナル「AquaBlue」、Aqua Timez「銀河鉄道の夜」をリリースしました‼︎
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【ブッキングライブ】←NEW!!
・鍵盤弾き語りアーティスト限定ライブイベント
【白と黒の唄】
日時;10/11(金)
open 19:30 start 20:00
チャージ:前売り1500円、当日2000円 + 1drink500円
場所:Livecafe&bar アクアリウム
https://liveaquarium.net/
※2019/8/14現在、HPが閲覧できないそうです、ご注意ください。

【オープンマイク】
・日時:8月24日(土) 20:00より
場所:ENOTN Akasaka Studio
・日時:9月1日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
・日時:10月6日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/

真似る努力

こんにちは。
小野 史弥です。

先日の金スマ(中居正広の金曜日のスマイルたちへ)にて、
ロペスこと岸英明さんと、すぐりんこと村主章枝さんペアの
社交ダンスデビュー戦の様子が放送されましたね。
5月の大会の様子を8月に放送……。
遅い!遅すぎるよ!
情報が全く入ってこなかったので、山本匠晃アナの現在の状況も含め、
どうなっているんだろうとかなり悶々としていました。

全日本選手権の結果は、決勝に残れたものの、
6位入賞。
初心者が上から目線で恐縮ですが、妥当かなと思ってます。
周りの選手は男性も、女性も動きがすごかったですからね。
パッと他の選手と比較する映像が流れた時、
やはりまだ村主選手の体の使い方は、社交ダンスに完全には馴染んでいないようにも見えました。

それでも、快挙中の快挙であることには変わりありません!
だって始めて4ヶ月ですよ⁉︎これから伸びしろがもっとすごくなるんですよ⁉︎
僕も社交ダンスを始めて5ヶ月で、競技会に参加いたしましたが、
ルンバ1種目、それも初心者(ビギナー)クラスにエントリーでしたから。
競技ダンスの大会は試合のランクがあり、
上のランクに行くほど踊る種目も多く、もちろん周りも化け物じみた方々が多くなりますw
もし同じような環境下で僕も選手権に出たら、
全種目0点かつ下手したら大会出禁を食らうような、黒歴史になることでしょうw

しかし番組の中で、少し不快な箇所がありました
それは村主選手のことを、
「社交ダンスは初心者」ということを連呼していること(`・ω・´)

確かに、表情のスケートと陸上のダンスとでは勝手が違うとは思いますし、
社交ダンス自体は初めてなのは事実です。
しかし、音楽にのって体を使って表現することは、
フィギュアスケートでも社交ダンスも同じです‼︎

そこの母体は村主選手の根幹にずっとあるのに、
あんなに「初心者、初心者」と連呼しなくても……
と思いました(*`・з・´)

さて、村主選手のすごさを、その凄まじい表現力もそうですが、
常人離れした「観察眼」と紹介していました。
世界のプロトップダンサーや先生の動きを観察し、自分に還元すること。
つまりは「真似る」ことです。
ボディの使い方を教わっても、正直、
先生の体がどんな感じに、どういう感覚で動いているかなんて、
僕にはわかりません。
先生の体は先生の体であり、「僕」の体ではないからです。
自分ではこうだと思っていても、
先生から見たら全然違う!なんて事もザラです。
なので先生の、その体の使い方を習得するためには、
先生の動きを真似て、「自分の体」に感覚として覚えこませるしかありませんΣ(´Д`*)
フィギュアスケートの振り付けを覚えて自分の演技にする為に、
また自分の振り付けを教え子に伝えるお仕事もされている村主選手だからこそ、
あの短期間での習得ができたんだと思います。

また、村主選手とはとても足元にも及びませんが、
僕も先生から、「覚えるのが早い」とよく言われます。
ダンスで言うなら、子どもの頃のお遊戯会の振り付けや、
高校体育祭のブロック応援合戦のダンスや舞の振り付けも、
確かに(男子の中では)早かったと思います。
そして、悪く言ってはいけませんが、特に男性は、
こういうダンスなどの振り付けや体の使い方を覚えるのは、
本当に遅いそうなんです((((;´・ω・`)))
先生の経験論で仰ってたのと、確かに高校のダンスも、
男子は覚えるのが遅く、本番も微妙にずれたりしていましたね。
※多分高校男子の中で、
「かっこいいストリートダンス以外、ダンスは女のもの」
という固定観念があって、練習の時もふざけるし、
だから習得も遅かったりするのかなと思いますが……。

僕は小さい頃からこういう真似事を習得するのは早かったので、
「はあ……、そうなんですか……」と生返事をしていたのですが、
先生のある言葉で、納得したことがありました。

「やはり音楽しているから、
先生を音や演奏を真似たりするということが
ちゃんと身になっているんですね」


僕もピアノの他、パーカッションやファゴット、
もとい吹奏楽曲やオーケストラ楽曲を演奏してきましたが、
楽譜を一度見ただけで、参考音源なども全く聞かずに、
120%表現力も出した完璧な演奏ができるかと言ったら、

とてもじゃないですがそんなことできません((((;゚Д゚)))))))
自分の練習だけでなく、その音楽や曲を、
先生や上手な人達は、どう演奏しているのか
必ず見たり聴いたりして研究しています
そうして聴いた音色や表現を、自分の演奏に還元していきます。

もっと言うならば、耳コピーだってそうです。
その曲が歌ってみたくて、演奏してみたくて、
その曲を何十回、何百回と聴きまくって、
その歌やメロディを真似て演奏してみること、それが耳コピーですよね。
とどのつまり、カバーやアレンジって、真似ることだと思います。

でもそれって、パクる事とは全く違う事だと思います。
よく高校で先生が話していたのは、
「『学ぶ』という言葉の語源は『真似る』からきている。
『真似る』という言葉が訛って、『学ぶ』という言葉になった。
だから一番手っ取り早く学ぶことは、上手な人を『真似る』ことだ」

ということです。
ただ、真似るためには、何百回とそれについて研究しないといけませんし、
その為に時間や場合によってはお金もかけます。

真似ることって、立派な努力であり、才能の1つだと思います(`・ω・´)

これからも音楽では、たくさんの曲を聴いて自分で編曲しながら真似てみて、
そこからオリジナル曲を創造したり。
社交ダンスでは先生のダンスや上手な人の動きをよーく観察して、
その動きを真似て上達して、もっと表現力豊かなダンスを踊ったり。
誰かに向かって表現する力を身につけていきますヽ(≧∀≦)ノ

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【オープンマイク】
・日時:8月24日(土) 20:00より
場所:ENOTN Akasaka Studio
・日時:9月1日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
・日時:10月6日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/

「愛にできることはまだあるかい」からみるコード進行

こんにちは。
小野 史弥です。

世間では「君の名は」に続き、
新海誠監督最新作「天気の子」が空前の大ヒット。
その影響で「前前前世」他と同じく、
今回のRADWIMPSの「愛にできることはまだあるかい」などの曲も
爆発的ヒットしそうですね。

前回「前前前世」のロックサウンドとは真逆の、
壮大なバラードになっている「愛にできることはまだあるかい」。
よく聞いてみると、この曲にも
人の心を動かす「ヒット曲」を生み出す
ある「コード進行」が使われているようです( ̄▽ ̄)


それは、
Ⅳ→Ⅰ→Ⅴ→Ⅰ
というコード進行。
C(ド)のキーで変換すると、
F→C→G→C
というコードになります。
さらに、例の和音の転回を生かし、ベースの動きを滑らかにして、
F→E→D→C
という進行にすることです。

それぞれ、
Ⅳ(サブドミナント・コード)→Ⅰ(トニック・コード)
Ⅴ(ドミナント・コード)→Ⅰ(トニック・コード)
と、和音進行が完結する形になっています。

こうすることで、聴いている人の心理としては、
とても落ち着き安心して聞けるコード進行になります(*^_^*)
そして、ベースの動きを滑らかに下降することによって、
最後のⅠ(C)の和音にたどり着いた時、
明確な説得力を持たせることができるんです(≧∀≦)

更にこのコード進行で、
最後のⅠ(C)の和音を、ⅵ(Am)に変えてみましょう。
そして、楽器を持っている方は、
下記のコード進行を弾いてみてください。

F→C→G→Am
F→C→G→C

最初のコードをAmにすることで、ハーモニーが暗くなり、
何か次に繋がるような、秘めた力を持つコード進行に感じませんか?
そして、最後にCに導き解決するコード進行にすることによって、
全てが解決する、感動的なコード進行へと纏まります((^∀^*))

このコード進行、人の心に胸打つコード進行として、
特にバラード曲に多くの曲に使われています。
過去の音楽講座でもお話した、
主要三和音(C、F、G、Am)の4つの和音だけで作れるのが特徴です。

つまり、この4つのコードを覚えたら、
皆さん、「愛にできることはまだあるかい」が弾けるようになる
ということなんです‼︎
※ちなみにこの曲の原曲キーは、A Major。
A、D、E、F♯mの4つのコードになります。
ピアノだと黒鍵の数も許容範囲ですね。(ギターはわかりません(・・;))

それではこのコード進行、
特にベースが滑らかに下降する進行が
どんな曲に使われているか、
オリジナル曲も含めて紹介いたします。

‪愛にできることはまだあるかい/RADWIMPS‬
https://youtu.be/EQ94zflNqn4

銀河鉄道の夜/Aqua Timez
※過去にYouTubeに上がっていたのですが、削除されてしまったようです(ToT)
ニコ動も消されてました………

Days/小野史弥(オリジナル)
https://youtu.be/eFwwU17ISuU

F→C→G→Am
F→C→G→C
このコード進行を活用しながら、
ぜひオリジナル曲作成に挑戦してみてください\(^o^)/

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【オープンマイク】
・日時:8月24日(土) 20:00より
場所:ENOTN Akasaka Studio
・日時:9月1日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
・日時:10月6日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/

 | ホーム |  次のページ»»

プロフィール

小野 史弥

Author:小野 史弥
1990年、福岡県北九州市に生まれる。
5歳からピアノを始める。
小学5年時、親の都合で福岡市に引っ越ししたのを機に習いに行くのは辞めたが、当時から好きな曲を耳コピーしてピアノを弾き続けた。
中学時代に吹奏楽部、高校・大学時代に管弦楽部に入部、パーカッション、ファゴットを担当。
25歳の時、とあるバーでオープンマイクなるイベントを知りピアノ演奏を披露、以降そのバーや近隣のバーで演奏活動を行う。
長年の演奏活動にて培われた音楽知識や感性を元に、オリジナル曲の制作や音楽講座のイベントを積極的に行う。特に音楽講座については、音楽経験者・未経験者問わず、音楽の楽しさや素晴らしさを伝えるため、日々ネタを温めている。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR