fc2ブログ

楽曲紹介:Hopes and Dreams〜Save The World(Undertaleより)

こんにちは。
小野 史弥です。

平成最後の記事です。
人生の約1/3を共に歩んだ平成という時代は、
良くも悪くも、激動の時代だったように感じます。

そんな平成の最後の記事は楽曲紹介として、
PCゲーム「Undertale」より
Hopes and Dreams』『Save The World
について紹介します。


僕のブログにも度々登場するこのUndertale。
ちなみに「アンダーテール」と読み、
固有名詞として、物語を意味するtailではなくtaleと書きます。
2015年にアメリカで発表されたPC用ゲームであり、
ゲーム音楽作曲家でもあるトビー・フォックスさんによって開発されました。
キャッチコピーは
「誰も死ぬことのない優しいRPG」(フリかな(・・?))
昔のレトロゲーム調のタッチに個性豊かなキャラクター、
そして「ゲーム」として遊ぶプレイヤー心理を鋭くついたストーリーにより、
インディーズゲームながら、瞬く間に世界中で大ヒットすることになりました。
その人気から数々のゲーム賞も受賞し、
現在はPCのみでなく、PS4、ニンテンドースイッチでもリメイクされ、
今尚爆発的な人気を博しています。

またこのゲームは、フォックス氏自ら
「ゲームを一番楽しんでもらうために、全く何も知らない状態でプレイしてほしい」
と公言している程、ファンの間でもネタバレについて非常にシビアな作品でもあります(`o´)
僕自身はゲームはプレイしていませんし、もうストーリーも全部知ってしまったのでw、
なるべくゲームの核心に触れないように気をつけます。
ただ、もしこの記事を読んでいるあなたが、初めてアンダーテールという作品を知ったのであれば、
少しばかりネタバレになる可能性があることを覚悟しておいてくださいm(._.)m
何度も言いますが、このゲームは
「『ゲーム』として遊ぶプレイヤー心理を鋭く突いてくる」
といのがミソです((((;゚Д゚)))))))
どういう意味かというのは、実際にプレイしましょう
(沼に引きずり込もうとしてるw)

さて、まずアンダーテールの音楽ですが、
上記の通り、作った人がゲーム音楽作曲家ということもあり、
キャラクター、シーンにベストマッチした曲の数々が人気の一つでもあります。
その人気から様々なアレンジ動画があげられていたり
アンダーテールのオーケストラコンサートが開催されると
満席御礼、チケットがプレミア価格化するなど、
ゲーム音楽の躍進を象徴するゲームにもなっていますo(^▽^)o
また、過去記事でゲーム音楽について書いた時、
1つの主軸となるテーマを、色んな音楽ジャンルにアレンジして用いている
と書きました。
アンダーテールの音楽も、まさにこの手法を用いています\(^o^)/

※過去記事:ゲーム音楽↓
https://bravomusic.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

そして、そのアンダーテールの物語の主軸となるテーマが、
こちらの曲になります(^-^)/
「‪Once Upon A Time‬/むかしむかし」
https://youtu.be/s7RRgF5Ve_E
このテーマをいろんなシーンで、色んな展開をして、
ゲーム中で使われている、ということです。
アンダーテールというゲーム音楽を知る上で、
まずこの曲は知っておきましょう。

そして本題の『Hopes and Dreams』『Save The World』。
新日本プロレスのプロレスラー、ケニーオメガ選手が、
2019年1月4日の東京ドーム大会において、ロックアレンジバージョンが
プロモーション及び入場曲として使用したことも話題となりました。
早速この2曲を聴いてみましょう(^∇^)ノ
「Hopes and Dreams」
https://youtu.be/tz82xbLvK_k
「Save The World」
https://youtu.be/mZRP7nQkfrM

この2曲、結論か言うと、ラスボス戦の曲です
でも皆さんよく考えてください。
RPGは敵と戦い自分が強くなるゲームです。
その敵たちの親玉との最後の戦いです。
これまで登場した敵キャラよりもはるかに強い設定のはずです。
そのバトルbgmのタイトルが「夢と希望」なんですよ?
ドラクエやFFといった王道RPGを遊ばれた方はわかるかと思いますが、
多くのラスボス戦のbgmというのは、いくら最後の戦いだといっても、
「本当に勝てるのだろうか……」というゲームのキャラクター達の心情に合わせた、
絶望の底に叩き込むような曲調が多いもの
です。
それが聞いてみたら、いかがでしょうか。
タイトル通り、熱いものが胸にたぎってこないでしょうか。
(熱くなれよ〜!by松◯修◯o(`ω´ )o)

それが、ラスボス戦用に
一から全く違うメロディで作られた曲ではない、
ゲームの主軸となるテーマのフレーズで作られているからすごいんです‼︎

この曲はゲームファンの間でもかなり高い人気を誇っている名曲です。
僕も現在ピアノアレンジ中ですよ♩

この二曲の他にも、
愛すべきキャラクター・パピルスのテーマ曲や、
アメリカらしいユニークジョークな楽曲
「びっくりするほど近い距離を飛んで渡らせてくれる鳥」や
「枕の上にミントチョコレートも置いていない宿泊施設をホテルと呼んでよいものだろうか」、
そして超絶ネタバレになるあの曲やあの曲など、
アンダーテールの音楽は挙げたらキリがありません(≧∀≦)

最後に、サントラも発売されておりますが、
現時点で僕が一番好きなオーケストラアレンジの動画を紹介します。
NHKで放送された「シンフォニックゲーマーズ3」でも演奏されたアレンジです。
※アンダーテール含め全6のゲーム音楽が演奏されているのですが、
再生回数100万回を突破しているのはアンダーテールのみ。
この数字から見てもいかに人気かというのはわかっていただけるかと思います。

‪UNDERTALE - シンフォニック・ゲーマーズ3‬
https://youtu.be/zyRIylopG9M

少しでも興味を持っていただいたそこのあなた、
アンダーテールの音楽の世界に飛び込んでみませんか?


それでは今回はこの辺で!
平成最後の記事、
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
新しい時代もいいことがありますように🌟

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
日時:令和元年5月5日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
福岡市中央区清川1-10-14-2F
tel:090-9491-3310
ホームページ↓
http://greens.st.wakwak.ne.jp/905911/menu5.html

日時:令和元年5月7日(火) 19:00より
場所:TUPELO
福岡県福岡市中央区赤坂1丁目11−21
tel:092-982-5687
ホームページ↓
https://tupelokusaongaku.jimdo.com/

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」まで、
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
スポンサーサイト



フレーズを足していく手法

こんにちは。
小野 史弥です。
2019年のGW、いかがお過ごしでしょうか。

今回は音楽の小話として、
フレーズを積み重ねていく手法について
お話しいたします。


ますはこの曲をお聴きください↓
https://youtu.be/CXX-Lfo29vA

世界フィギュアのテーマソングとしてもお馴染み、
ラヴェルの「ボレロ」ですね(^∇^)
ボレロとは元々スペイン起源の民族舞踊であり、
ラヴェルのボレロもバレエ音楽です。
よくオーケストラ入門のCDでも、
後半から(バイオリンがメロディになる)の抜粋版が殆どですし、
15分以上あるこの曲をちゃんと聴いたことがあるという方は、
音楽をしていないとあまりないと思います。
ましてや動画のような、バレエ付きで聴くという機会も、
人生のうちにおいても、あまりないと思います(˙-˙)

※よくダレるとい意見も耳にしますし。

さて、中学の音楽の教材にも取り上げるこのラヴェルのボレロ。
その特徴はなんといっても、
2つのメロディを繰り返しながら楽器が増えていく
という音楽構成力(オーケストレーション)
に尽きます( ̄^ ̄)ゞ

※ラヴェルはその音楽構成力の高さから
「管弦楽の魔術師」と称されています。

フルートから始まり
→クラリネット
→ファゴット
→小クラリネット(♭Eクラ)
→コールアングレ
→フルート、ミュート付きトランペット
→テナーサックス
→ソプラノサックス
→ピッコロ、ホルン、チェレスタ(ここからハモり始める)
→オーボエ族、クラリネット
→トロンボーン
→ファゴット以外の木管楽器(またファゴットが仲間外れにされたT_T)
→第1バイオリン、高音の木管楽器(ユニゾン)
→第1・第2バイオリン、高音の木管楽器(ハモり)
→第1・第2バイオリン、高音の木管楽器、トランペット(ユニゾン)
→コントラバス以外の弦楽器、ファゴット以外の木管楽器、トロンボーン(ハモり)
→トランペット、第1バイオリン、フルート、ピッコロ、ソプラノサックス(ハモり)
→トランペット、トロンボーン、第1バイオリン、フルート、ピッコロ、ソプラノサックス(ハモり)
と、実に色差豊か、且つ計算された全体のクレッシェンドがかけられています(^○^)
クラシック慣れしてないと15分は長く感じるかもしれませんが、
次に登場する楽器を予想しながら聴いていると、
案外あっという間に曲が終わっちゃうものですよ^_^

そしてこの「同じメロディをどんどん豪華にする」演出方法は、
ゲーム音楽でも多用されています♩
ここではその代表例を2つご紹介します(^-^)/

・マップセレクト/ヨッシーアイランドより
https://youtu.be/w4wsIjbNPWI

1995年に発売されたスーパーファミコン用ソフト。
ニテンドークラシックミニ スーパーファミコンにも収録されている名作であり、
僕も子供の頃めちゃくちゃ遊んでいました。
攫われた赤ちゃんルイージを救うため、
ヨッシーと赤ちゃんマリオが冒険をするアクションゲームです。
8ステージ(+スペシャルステージ1)×6ワールドの計48(+6)ステージあるのですが
ワールドをクリアしてエリアが進むごとに
音楽が豪華になっていくのです!

ぜひ聴いて欲しいのですが、軽くネタバレすると↓
1、bgmの骨格部分のみ
2、リズムの土台(ボンゴ)が加わる
3、ストリングスが加わる
4、細かいリズム(シェイカー?)が加わる
5、ベース補強、ブラスサウンドが加わる
6、メロディもブラスサウンドになる、リコーダー(クラリネット?)が加わる
7(ゲームクリア後)、ストリングスの低音による裏メロ、マリンバ、ハープが加わる
となります。
とても遊び心をくすぐられますね(*^_^*)

・Menu/undertaleより
https://youtu.be/GmPMkipxfH4

2015年の発表以来、話題も人気も衰えることを知らない名作ゲーム。
アンダーテールについては別途記事にしようと思っていますので、
ここではそのメニューの音楽についてを……。
最初は所謂ピコピコ音のメロディとスネアのリズムのみという寂しい状態でしたが、
条件をクリアしていくごとに
ベースライン
→ピアノ
→ピアノハモり・ボンゴ
→クラベス
→グロッケン
→ストリングス・裏メロの追加
と、ピコピコ音と実際の楽器の音の融合が楽しめます(*´ω`*)

他にも、ポケモンブラック・ホワイト(2含む)でも
ゲーム本編で町や道路のbgmの音を増やしてくれる人がいたり、
同じ曲なのに季節によって裏メロの楽器を変えて、
季節感を出したりしてました。
こういう技術は、作曲や編曲において
大きな武器になる技術だと思います!

ギター一本しかない、ピアノ一台だけしかないと言う人も、
そのメロディの音の高さを変えたりハモリを入れてみたりすることで、
部分部分でかなり印象が変わるのです(^∇^)ノ

それでは今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
日時:令和元年5月5日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
福岡市中央区清川1-10-14-2F
tel:090-9491-3310
ホームページ↓
http://greens.st.wakwak.ne.jp/905911/menu5.html

日時:令和元年5月7日(火) 19:00より
場所:TUPELO
福岡県福岡市中央区赤坂1丁目11−21
tel:092-982-5687
ホームページ↓
https://tupelokusaongaku.jimdo.com/

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」まで、
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

楽曲紹介:We’re All in This Together(ハイスクールミュージカルより)

こんにちは。
小野 史弥です。

今回は楽曲紹介として、
ディズニー映画、「ハイスクールミュージカル」より
「We’re All in This Together」を紹介します。


早速楽曲はこちらです↓
https://youtu.be/iFu8Z-cV0Xk

本当は違う曲を紹介しようと思ったのですが、
不意に昔よく聞いていた、歌っていた曲を思い出す
ってこと、ありませんか。

それが最近、僕にとってこの曲だったんです(。-_-。)

ハイスクールミュージカルは2006年、
アメリカで放送されたテレビ映画です。
ディズニーチャンネルのオリジナルムービーとして制作・放送され、
大ヒットとなりました。
サウンドトラックもビルボード(アルバムチャート)で1位を獲得し、
続編(2、3)も製作され放映されるなど、話題になりました。

さて、この「We’re All in This Together」は
第1シリーズのフィナーレで全員で歌われる曲なんですが、
何故この曲をふと思い出したんでしょう(・・?)
特に映画を直接観たというわけでもないです。
実は私、この曲で、
踊ったことがあるんです(//∇//)(完全に個人的な話ですねw)
放送された2006年が新・高一になる年で、
翌年の高二の時の体育祭のブロック応援合戦で踊りました
当時女子の応援団長をしていた3年生の先輩がダンス部の部長で、
この作品にも真っ先に飛びついたとのこと。
何より恐ろしかったのは、
サビの部分の振り付けが、
映画本編の振り付けそのまんまだったということΣ(゚д゚|||)

Aメロ、Bメロもかなり高難易度な振り付けをされていて
僕ら当時の1、2年はヒィヒィ言っていました。
しかし、僕はというと当時から、
ダンス=音楽やテンポ・リズムに合わせて体を動かすだけじゃん
という認識をしており、振りを覚えるのもそんなに苦じゃなかったです。
ましてや、その女子応援団長曰く
「応援合戦の評価(先生10名による10点ずつ、100満点)は、
高校生らしく元気で明るく大きな動きをしているかどうか
だから腕もピンと伸ばして大きく踊ってね!
という言葉をそのまま真に受け、特に男子は恥ずかしがって踊る中、
一人かなり目立って踊っていました(笑)
お陰で先輩達にも可愛がってもらいましたし、学校の全ての先生にも顔を覚えてもらいましたw
そしてそれは、3年が運動場の真ん中、その周りを1、2年が囲って踊るというフォーメーションで、
まさかのセンターに大抜擢‼︎(゚∀゚≡゚∀゚)
その甲斐がわずかにあってか、所属していたブロックは
応援合戦の部門で見事優勝しました♩
動画を見て、当時の振り付けも思い出して、
恐らく今でも踊れると思いますヽ(´∀`)ノ
それからです。
次の年の体育祭の応援合戦でもセンターを務めさせられ、
先生からも名指しでネタにされたのはw
※ちなみにお話に出た女子応援団長というのが、
歌手のfumikaさんです!
fumikaさんホームページ↓
https://www.fumika-official.net/

さて、身の上話をたくさんしてしまったので、
少しでも音楽的な話を。
ディズニーらしい耳に残るメロディーですが、
やはり耳に残るサビは、過去の記事にも書いた
カノンコードが使われています♩
厳密なカノンコードではなく、
主音から順番に下降している音形を使用しています。
J-POPにもそういうコード進行の曲はたくさんありますが、
転回を元に戻せば、カノンコード進行になります

ちなみに、もしこの曲を社交ダンスで踊るとしたら、
少しテンポはゆっくりになりますが、チャチャチャになりますかね〜|д゚)チラッ

それでは今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
日時:令和元年5月5日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
福岡市中央区清川1-10-14-2F
tel:090-9491-3310
ホームページ↓
http://greens.st.wakwak.ne.jp/905911/menu5.html

日時:令和元年5月7日(火) 19:00より
場所:TUPELO
福岡県福岡市中央区赤坂1丁目11−21
tel:092-982-5687
ホームページ↓
https://tupelokusaongaku.jimdo.com/

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」まで、
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

社交ダンス:ルンバ

こんにちは。
小野 史弥です。

今回は社交ダンスについてお話しします。
社交ダンスはスタンダード(モダン)とラテンアメリカンぼ2種類ありますが、
今回はラテンの1つ
ルンバ」についてお話しします。


ルンバはラテン5種目(チャチャチャ、サンバ、ルンバ、パソドブレ、ジャイブ)の中で、
テンポが一番ゆっくりの踊りです。
その為ラテンダンスを始める場合、
ルンバから始めるのが通例なんだそうです。
※僕もラテンはルンバから習い始めました。
さて、何故5種目で一番テンポがゆっくりなのか。
それはルンバが
大人の愛」を表現する踊りだからです(//∇//)キャッ
ラテンの種目はどれも情熱的で熱い踊りが多いので、
燃え上がるような情熱の愛を表現する踊りになります。
と女の恋の駆け引き
はいかに魅力的に美しく魅せるようにリードし
はいかに悩殺させるために限界以上の表現を魅せるか。
※こんなこと書いてますが、
当人は恋愛年数1年未満で無残にも散った恋でした( ;∀;)

しかし表現するのは恋愛だけではありません。
家族愛友人愛人間愛……。
使われる曲が男女の愛が多いため、恋愛の踊りとされていますが、
中には明るいさっぱりな曲調もあるわけです。
キンタロー。さんのダンスの師匠、山本英美さんも、
「明るい曲調なのに、ねちっこくンン〜っていうのも違う」
と仰られています。
つまり、使われる音楽によってどのような愛を表現するか、
一番振れ幅の大きい種目といえる
でしょう( ̄^ ̄)ゞ

また、ゆっくりと言っても、ダンス議会や連盟でルンバのテンポは
♩=100〜108と定められています。
これ、ゆっくりと思ってたかをくくっていると、
意外と早いんですΣ(ω |||)
しかもJ-POPでのいわゆるバラード曲って、一概には言えませんが、
大体♩=80〜92くらいの曲が多いんですよね。
「ダンス用の曲って洋楽ばっかりだし、自分の知っている曲で練習したい」
と思っても、なかなか適正テンポの曲って少ないんです(´・_・`)

しかしご安心を!
ルンバにも、使用される曲のテンポにより
3種類に分かれるんです。
早い順に
・コルンビア
・グァグァンコー(ワワンコとも)←一般的なルンバ
・ヤンブー
と呼ばれるそうです。
それに何を始めるにしても、
まずはゆっくりなテンポの曲でしっかりと確認しながら練習するのが、
上達の近見ですしね👍

そんなルンバの練習で、僕が自主練のために使っている
オススメの曲をご紹介します★

○オーソドックス編
美女と野獣(ルンバアレンジ)
https://youtu.be/95rP6O-jX5A
ディズニーでも屈指のラブソング。
こんな感じでルンバアレンジされている曲もたくさんあります!

You Raise Me Up
https://youtu.be/40o-BwxMUeY
フィギュアの荒川静香さんがトリノのエキシビションで滑ったり、
奇跡の歌姫スーザンボイルさんも歌ったりと、
世界中で愛され続けている楽曲。
動画は先述した山本英美さんの引退ダンスです。
金スマでキンタロー。の最後のダンスも、
恩師に感謝を込めてこの曲が使われていました。
原曲はとてもゆっくりのため、
テンポ調節機能が付いた再生デッキを使うかアプリを使いましょう。

○ポップス編
風といっしょに/小林幸子さん
https://youtu.be/5bSzi1ajYjw
今なおポケモンファンから神曲と称される名曲。
これが上記にも書いた、男女の恋愛の曲ではない、
生命賛歌ですね。
冒頭のイントロで一箇所2拍子のところがあるので、
そこさえ注意すれば、テンポもゆっくりなので
練習にはもってこいの曲です。
感動的な曲なので、自然と動きも大きくなります!
※2019年のミューツーの逆襲エボリューションでも、
新アレンジverの風といっしょにが主題歌に決定いたしましたね。
また新たな感動を巻き起こすことでしょう(^∇^)

first love/宇多田ヒカルさん
https://youtu.be/o1sUaVJUeB0
男女の恋愛、規定に近いテンポ、誰もが知っている名曲と
3拍子が揃っています。
ゆっくりな曲で足型などの土台がしっかりしたら、
表現力やスピードとタメの緩急など、
実践的な練習として使える一曲ですね!

○ゲーム音楽編(恋愛要素のない、完全に僕好みの曲もありますので悪しからずw)
譬え闇に堕ちるとも/ファイアーエムブレムif暗夜王国より
https://youtu.be/F6Lp-XSpHvo
早速恋愛要素のゼロの曲をブッコミましたw
何故って?
ゲームもしてるから愛着あるし、テンポもちょうどいいんですもん。
それに悲愴な覚悟を持った悲劇的なルンバというのも、
また一興ではないでしょうか。
4/4拍子が4小節間、しっかり区切られている曲なので、
練習には(個人的には)オススメの曲です。

Cancao do Povo/グランディアIIより
https://youtu.be/UszQBl8bG0k
タイトル、歌詞共にオランダ語で書かれているため、
僕もタイトルの読み方わかりませんw
ゲームの最後のエピローグで流れる曲で、
人間愛をテーマに歌われる讃美歌です。
ゆっくりなテンポで踊りやすく、最後は感動的な展開になります。
シリーズをプレイされたことがある方はニヤッとしてしますでしょう(´∀`*)

君との未来(The Tomorrow with You)/ゼノブレイド2より
https://youtu.be/L3wFY14d6Sc
もしデモンストレーションの機会があれば、
絶対この曲でルンバしたい!って思うほど、
かなりおススメの一曲です‼︎
ゲームのネタバレになりますが、タイトルでお察しの通り、
主人公くんとそのパートナーの女の子に関する楽曲です。
とにかくメロディが美しすぎる!曲の展開が涙を誘いすぎる!
この曲もテンポが遅めなので、テンポ調節の上練習しましょう。
テンポが速くなったってこの感動は消えませんォ━━(#゚Д゚#)━━!!

最後はただの発狂した人でしたがw、
使われる曲がバラードが多いため、敷居も低いと思います。
素敵な愛の踊りに酔いしれてみませんか(^-^)/

それでは今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
日時:令和元年5月5日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
福岡市中央区清川1-10-14-2F
tel:090-9491-3310
ホームページ↓
http://greens.st.wakwak.ne.jp/905911/menu5.html

日時:令和元年5月7日(火) 19:00より
場所:TUPELO
福岡県福岡市中央区赤坂1丁目11−21
tel:092-982-5687
ホームページ↓
https://tupelokusaongaku.jimdo.com/

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」まで、
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

P.S.オリジナル名刺ができました!
お会いできた方から随時お配りいたします!

音楽講座:音階その1

こんにちは。
小野 史弥です。

不定期開催の音楽講座、
今回は「音階」です。
英語でスケールと言われますが、
音楽のジャンル、発展した国や楽器、時代により、
数多の種類の音階が存在します。
その中で、最も土台となる音階
全音階についてお話しいたします。

そもそも音階とは、ある音楽の中で、
音の高さ順に並べたものをいいます。
低い音→高い音へ上がる上昇形(ドレミファソラシド♩)と
高い音→低い音へ下りる下降形(ドシラソファミレド♩)とがあります。

さて、冒頭に出た全音階ですが、
音階を系統的にまとめた場合の大元になる音階の名称です。
同じレベルの音階でいうと、半音階とか
五音(日本的)音階などがあります。

過去の記事で音程の内容を書いた時
黒鍵を挟む隣同士の関係を長2度→全音
黒鍵を挟まない真隣同士の関係を短2度→半音
というお話をしましたが、
同じように全音階にも、
長音階短音階があります(^-^)/
違いは単純明確、
明るい暗いです。
明るければ長音階暗ければ短音階となります♪

ピアノの鍵盤を思い浮かべてください。

201904190029092e6.jpg


まず長音階ですが、ドから始まった時の
全音半音の関係を見てみましょう。
ド→レ=
レ→ミ=
ミ→ファ=
ファ→ソ=
ソ→ラ=
ラ→シ=
シ→ド=
改めて並べると、
全全全全全
という並びになります。
これが長音階です( ̄^ ̄)ゞ
※別名、自然的長音階ということもあります。

対して短音階はどうでしょう。
今度は音階の始まりの音=「主音」
として、全音半音の関係を見てみましょう。
ラ→シ=
シ→ド=
ド→レ=
レ→ミ=
ミ→ファ=
ファ→ソ=
ソ→ラ=
こちらも並び替えてみると
全全全全
となります。
これが短音階です。
※こちらも別名、自然的短音階ということがあります。

音階も色々複雑なのですが、
まずはこの
全全全全全」=長音階
全全全全」=短音階

ということを、新しい知識として覚えておきましょうo(^▽^)o
これさえ理解できれば、次の音楽講座で行う
調号のお話もすぐに飲み込めると思います( ̄^ ̄)ゞ

あとは名称ですね。
音の名前でも
英語やらドイツ語やらイタリア語やら日本語やらありましたが、
よく使われる言語としては
英語、ドイツ語、日本語です。
それぞれ見てみましょう(長音階短音階という見方です)

英語→Major(メジャー)minor(マイナー)
ドイツ語→Dur(ドゥア)moll(モルもしくはモール)
日本語→長調短調

ギターやバンドは英語読み、
クラシック音楽はドイツ語読みが多いです。
※クラシック音楽は直訳古典音楽ですが、
一般的には西洋の芸術音楽と認知されていますから_φ(・_・
ちなみに外国語表記をするときはちょっとした決まりがあって、
長音階の時は大文字から、短音階の時は小文字から
書き始めないといけないというルールがありますΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
ハイ、ここテストに出マスヨー!(言ってみたかっただけデス……)
これについても調号の記事でお話しします♩

それでは今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
日時:令和元年5月5日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
福岡市中央区清川1-10-14-2F
tel:090-9491-3310
ホームページ↓
http://greens.st.wakwak.ne.jp/905911/menu5.html

日時:令和元年5月7日(火) 19:00より
場所:TUPELO
福岡県福岡市中央区赤坂1丁目11−21
tel:092-982-5687
ホームページ↓
https://tupelokusaongaku.jimdo.com/

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」まで、
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

オープンマイク

こんにちは。
小野 史弥です。

今回はオープンマイクについて
お話しします。

突然ですが皆さん、
オープンマイクという言葉自体
聞いたことありますかor知っていますか(´・_・`)?

オープンマイクとは
「店のマイクを、飛び入りの客に開放する」あるいは
「客が店のマイクを使って、
音楽の演奏や歌唱、詩の朗読、寸劇、お笑いのネタ披露、手品、紙芝居などの
パフォーマンスを行える
という営業形態(の店)」

のことです(wikiより)
通常、ライブハウスや会場を抑えてライブをするとなると、
会場使用料、機材使用料、はたまた楽器使用料など
かなり出費がかかりますΣ(´Д`*)
その費用をチケットを買ってもらう
チケットノルマ」で賄うのが一般的っていうか、殆どです。
しかし知名度が低かったり、応援してくださるファンが少ないと、
なかなかチケットが捌けず、結果、
自分でその出費を負担することになります。
つまり、ライブをすればするほど、
赤字がドンドン膨らみ生活が困窮状態に……Σ(´Д`lll)エエ!!


そこで、カフェやバー、パブ、場所によってはライブハウスで、
毎週あるいは毎月のある特定の日時に
一般のお客さんにステージ上で上演の場を提供する
イベント
を開催するところがあるんです!
それがオープン(解放された)マイクというイベントです。
海外各地ではかなりメジャーなイベントのようで、
このオープンマイクで研鑽を積んで、
世界的に有名になったミュージシャンもいらっしゃいます。
※前回ご紹介したソロギターリスト、城 直樹さんもその一人です。
詳細は過去記事で↓
https://bravomusic.blog.fc2.com/blog-entry-12.html

駆け出しのミュージシャンやパフォーマーには大変ありがたいこのイベント。
僕も2016年ぐらいからお世話になっているバーで、
このオープンマイクのイベントで演奏させてもらっています♪
最初のチャージ料金+ワンドリンク料金(大体1000円前後)を支払えば
所定時間内(15〜20分、曲数にして約3曲)で
自由にパフォーマンスを披露できるというわけです!
また、僕の活動拠点である福岡は、
数多くの有名ミュージシャンを輩出している「音楽の街」!
色んな場所でこのイベントが開催されおります★
「オープンマイク ○○(地域名)」で検索したら、
実施しているお店の情報などが出てきますよ(^-^)/

さて、そんなことして、
お店側は利益になるの?
と思うかもしれません。
……むしろ逆です‼︎
こういうイベントを各SNSで拡散してもらうことで
お店やイベントの知名度を上げたり
知り合いや友人連れて(応援)に来てもらうだけで、
来客数が増えて売り上げが増える!
そしてパフォーマーも自分の腕を磨くだけでなく、
同じ音楽や趣味を持つ仲間と知り合うことで人脈が増える
人生の先輩から演奏だけでなく人生についてありがたいアドバイスを頂いたり
もしかしたらバーのマスターが贔屓にしてくださっているプロミュージシャンに
「この子の演奏いいよ」太鼓判を押してくれるかもしれません!
そしてもしかしたら、そのプロミュージシャンから、
共演だったりライブのお誘いなどをいただける可能性もゼロではありません!
そんな奇跡の出会いがあるかもしれません♪─O(≧∇≦)O─♪
まさにお店側も出演する側も
Win-Winの関係なんです♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

僕もまだ1.2件のバーでしかオープンマイクにお邪魔したことがありません。
お店毎で好まれる音楽性や、出演者・お客さんの嗜好などもありますが、
基本どのお店のマスターも出演者も温かく迎えてくださいます。
(演奏前の挨拶や演奏後のお礼など、最低限のマナーさえ守っていれば……)
社会人になってからの僕の音楽性は
このオープンマイクで育ててもらったと思っているくらい、
とても大切なイベントです!
今後お邪魔させていただくオープンマイクの予定がわかりましたら、
このブログにも記載いたします(^-^)/

と、いうことで、早速ですが
現時点でお邪魔しようと思っているオープンマイクイベントについて
宣伝させていただきます♩

日時:令和元年5月5日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
福岡市中央区清川1-10-14-2F
tel:090-9491-3310
ホームページ↓
http://greens.st.wakwak.ne.jp/905911/menu5.html

日時:令和元年5月7日(火) 19:00より
場所:TUPELO
福岡県福岡市中央区赤坂1丁目11−21
tel:092-982-5687
ホームページ↓
https://tupelokusaongaku.jimdo.com/

初めてお邪魔するバーもありますので、
僕自身も楽しみにしています♪(/・ω・)/ ♪
まだ、僕の音楽について知らない方も、
是非一度、生で観て聴いていただけたらと思います!
素敵な音楽の輪を繋げていきましょうo(^▽^)o


それでは今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」まで、
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

楽曲紹介:ever(ソロギター曲)

こんにちは。
小野 史弥です。

今回は楽曲紹介として、
ソロギターリスト、城 直樹さん
「Ever」という曲を紹介いたします。


まず、城 直樹さんのご紹介を。
城さんのホームページ↓
http://naoki-jo.com/

1980年生まれ。
九州出身で現在は福岡県在住。
千葉の大学でアコギサークルを創設されたり
アコギの音色と心理的要素について大学院で研究されたりと(←知らなかった!)
とにかくアコギに対してとことん熱い方です!
海外での演奏経験も豊富で、
その情熱的なパフォーマンスと、繊細なメロディーとの融合は、
高い評価を獲得されていらっしゃいます。

そして城さんの演奏スタイルは
「ソロギター」!
皆さん、ソロギターというジャンルを耳にされたことはありますか(・・?)
ギターインストと何が違うの?という方もいらっしゃるかと思います。
ソロギターとは、
メロディーも、伴奏も、ベースラインも、
はたまたリズム(打楽器的要素)に至るまで、
ギター一本ででやってのけるという演奏スタイルです.゚+.(・∀・)゚+.

日本にも数多くのプレーヤーがいらっしゃいますし
(押尾コータローさんとか、ギター知らなくても名前は聞いたことあるのではないでしょうか)、
世界だと本場アメリカをはじめ、
世界レベルのコンテストが開かれるほど、
熱く展開されている演奏スタイルです!
また、毎年6月1日を「ソロギターの日」と制定し(6本弦のギター1本という意味で)、
全国各地でソロギターにまつわる様々なイベントやライブが行われおります。

やはりギターの先駆者に憧れる若者はいつの時代も溢れていますし、
城さんもその一人だったそうです。
特に城さんの時代はフォークソング全盛期でしたから、
時代背景も相まって、すぐにギターを始められたとのこと。
アメリカのギターリスト、マイケル・ヘッジスさんを敬愛されており、
僕に「マイケルヘッジスの曲は弾けないの?」と
よく無茶振りをされますw
※ちなみにヘッジスさんは交通事故により、
1997年、43歳の若さで他界しています。

人柄もとても気さくな方なのですが、
パフォーマンスはとにかく熱い‼︎
タッピング奏法という、弦を叩いて鳴らす方法のみならず、
ギターのボディも叩いてリズミカルな感じを出す楽曲には、
僕も初めて聞いた時、凄すぎて口がポカンと開いてましたw
そんな城さんは業界では
「日本一、ギターを叩く男」
という異名を持っていますo(≧ω≦)o
(しかしその分よくギターを割っているんだとか……
ギターって人の力で割れるの⁉︎Σ(´Д`*))

そんな城さんのギターを初めて聞いたのが、
この「Ever」という曲です。
とてもキャッチーで耳にも残る楽しい雰囲気の曲で、
最近の城さんのライブでも定番の楽曲になっています。
聴き終わった僕の最初の感想は
とてもいい曲だから、これ、ピアノでアレンジできないかな」という
どこまでも小野ワールドに引き摺り込もうとする欲望でしたwww

というわけで、約3年前(2016年)に耳コピを開始し、
その年のうちに城さんの前で披露する機会があり、
恐れ多くも演奏させていただきました。
お客さんもとても盛り上がってくださり、
城さんは嬉しさのあまり、進んで握手をしてくださいました!
よくお会いするので忘れがちになるのですが、
世界を相手にするプロミュージシャンですよ⁉︎
自分の趣味でアレンジして演奏するというこの活動が、
初めて認められた気がして、とても嬉しかったことを覚えてます\(^o^)/
※ちなみに僕のピアノによるアレンジ版演奏を聞いた城さんの第一印象は、
「あれ、この曲、いい曲だね★」
その後お客さん皆から「いやあなたの曲だから!」と、
総ツッコミを受けてましたw

そんな城さんのEverです。
残念ながらギター演奏の動画を見つけることができませんでしたので、
小野のピアノアレンジバージョンをお聞きください。
とてもポップでキャッチーな楽しい楽曲です。
動画↓
https://youtu.be/Yefn85tVLHw

本家ギターの演奏も聞いてみたい!と思われた方は、
城さんのホームページでライブ情報をチェックされてください!
上記にもある6月1日の「ソロギターの日」ライブ
毎年大盛況ですよ♩

それでは今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」まで、
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

ゲーム音楽

こんにちは。
小野 史弥です。

今回はゲーム音楽について
お話ししようと思います。

皆さんはこれまでに、何でもいいので、
コンピューターゲームで遊んだことはありますか?
コンピューターゲームとは電子ゲームということで、
テレビゲーム、携帯ゲームなどを指します。
※「ゲーム」と一括りにしちゃうと、
カードゲームやボードゲームといった
アナログ的な遊びも含まれてしまうので、念の為……。

日本でいえば、ゲームセンターでのアーケードゲーム、
スペースインベーダーを皮切りに、
今や世界的なゲームキャラクターとして認知されている
「マリオ」シリーズを始め、
ポケモンファイナルファンタジードラゴンクエスト星のカービイなど、
社会現象を巻き起こしたタイトルを含め、
日本は世界に類を見ないゲーム大国です!
テレビゲームといえば子ども(特に男の子)の遊びとして、
目が悪くなる、運動不足になる、勉強しなくなりバカになるからと、
親から怒られた経験は誰しもあるでしょうf^_^;
しかし現在、推理ゲーム(レイトン教授シリーズ)やパズルゲーム、
イラストゲームやエクササイズゲームなど、
大人や女性にもゲームが受け入れられており
スマホゲームの大普及も相まって、
コンピューターゲームは隆盛の時を迎えています(^∇^)ノ

そんなゲームを盛り上げてくれる存在が
「ゲーム音楽」‼︎
ある時は仲間と冒険するワクワク感を増幅させ、
ある時は感動シーンを更に感動的に彩り、
ある時はラスボスとの決戦に手に汗握る興奮を与える。
物語や世界観を彩るのになくてはならない存在です。
ゲームをプレイしながら聞いた曲をふと聞くと、
「こんな事があったな」と当時の思い出も蘇らせてくれる、
不思議な力を持っていますよねヽ(´∀`)ノ

昔はその音からゲーム自体のことを
「ピコピコ」と呼ばれたりしていましたが、
現在の音楽事情、皆さんご存知ですか?
シンセサイザーや打ち込みで作られたゲーム音楽を、
フルオーケストラで演奏!
そんなゲーム企画の音楽会は常に満員御礼!
更には小学生の音楽の教材(リコーダー)に
FFのメインテーマが使用されていたり

極め付けは日本初のゲーム音楽プロ交響楽団
JAGMO(JApan Game Music Orchestra)」が結成される
など、
ゲーム音楽の進化はとどまることを知りません‼︎

JAGMOホームページ↓
https://jagmo.jp/

なぜ僕がこんなにも、ゲーム音楽を推すのか。

やはり、人の記憶に残させるような楽曲作りに尽きる
と思います。
一度聞いただけでメロディが口ずさめるようなキャッチーなフレーズ。
何度聞いても飽きさせないようなメロディや曲の展開。
これらはオリジナルで楽曲制作するときに
非常に重要なヒントになるわけですo(`ω´ )o

更にあるゲームは、そのゲームを象徴するメインテーマがあり、
そのメインテーマを色んな仕掛けを作りながら
様々なシーンの楽曲に食い込ませていく。
楽曲アレンジをする際にも、色々気づかせてくれる道標を、
ゲーム音楽といものが示してくれているわけです。

それに、ゲーム音楽だからといって
決してバカにしちゃいけませんよo(o・`з・´o)ノ
ちゃんとその曲を研究して、音楽的にもしっかりと演奏しようと思ったら、
クラシック音楽と同じようにしっかり考えられた曲作りになっていることも多く、
多くの人がその曲を知っているというプレッシャーもあり、
結構難しいし緊張するんですよ!
フルオーケストラで演奏されているゲーム音楽のCDとか聞いても、
演奏技術や表現力など、
大変参考になることだってあるんですよo(^▽^)o

楽曲紹介の時に、ゲーム音楽の紹介も随時行なっていきたいと思います。
皆さんの好きな・オススメなゲーム音楽は何ですか\(^o^)/

それでは今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」まで、
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

社交ダンス:ワルツ

こんにちは。
小野 史弥です。

今回は社交ダンスについてお話しします。
社交ダンスはスタンダード(モダン)とラテンアメリカンぼ2種類ありますが、
今回はスタンダードの1つ
「ワルツ」
についてお話しします。

皆さんが社交ダンスと聞いて、
恐らく最初に思い浮かぶのは、
ゆったりと優雅な三拍子に乗せたワルツの調べかと思います!
男性は燕尾服を着てビシッ!と決め
女性は豪華絢爛なドレスを着て美しく華やかに!
あのゴージャスなドレス姿は
女性なら一度は着てみたいと思うものではないでしょうか(*^_^*)
また、僕もそうなのですが、
スタンダードを習い始める時の基礎の種目として、
ワルツからスタートするのがセオリーになっているそうです。

さて、ワルツですが、前述の通り、
3拍子の曲に乗せたダンスです。
1、2、3、1、2、3………を繰り返し、
円を描くように踊られる様は、
日本語で「円舞曲」と呼ばれるにふさわしいですね♩
しかし、実はワルツには2種類あります。
一つ目に、今回紹介しようと思っているワルツなのですが、
テンポがゆったりな曲に合わせて踊るもの。
一般的にワルツといえばこれにあたり、
後述のワルツと分けるために「スローワルツ」と呼ばれたりします。

ワルツ↓
https://youtu.be/g1o31fsZxCc

対してゆっくりのワルツがあるのであれば、
早いワルツもあるわけです。
こちらは「ウィンナ(ヴェニーズ)ワルツ」と呼ばれ、
少ないステップと早いテンポでフロアをひたすら
円を描きながら舞っていきます。
かつて中世ヨーロッパの王宮文化として栄え、
最も歴史の古いダンスといえますねo(^▽^)o
※ヴェニーズワルツについてはまた別の機会に!

ヴェニーズワルツ↓
https://youtu.be/e0oUwsNMSls

で、そう考えた時にピンときたことがあるんです。
オーケストラを7年間して、ワルツの曲も何曲か演奏しましたが、
「ゆっくりなテンポのワルツ曲って何かあるっけ?」
ということにΣ(ω |||)
頑張って探してみた結果、
こんな曲たちが自分の中で候補曲です。

♩動物の謝肉祭より「白鳥」(サンサース)
https://youtu.be/-eb-n5e8SPI

♩ジムノペディ(サティ) ※もう少しテンポアップは必要ですが
https://youtu.be/Ka9SMD-TSP4

その他、ゲーム音楽好きな私は、
こんな曲でもワルツが踊れるじゃないか♪─O(≧∇≦)O─♪
という曲を2つ見つけてます!

♩ゼルダの子守唄(ゼルダの伝説シリーズより)
https://youtu.be/uAANMuQK-co
ワルツのお手本のような曲ですね〜(*´∇`*)
作品によっては少し早いものも多いので、
同タイトルで探す際はご注意を!

♩ザナルカンドにて(ファイナルファンタジーⅩより)
https://youtu.be/UFWr1acHe-Q
実際の競技会にも使われていて、衝撃&大興奮しましたヽ(≧∀≦)ノ
それだけゲーム音楽が社会に浸透されているなと……ムフフw
FFシリーズの曲の中でも屈指の人気を誇る名曲です。
この曲で僕も優雅にワルツを踊れたら……(*´∀`)♪

ワルツのための曲のみならず、3拍子の曲であれば
テンポさえ合えばワルツが踊れるかもしれません。
3拍子の素敵な曲もたくさんあるので、
この機会にワルツの調べに浸ってみてはいかがでしょうか?

それでは今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」まで、
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

音程

こんにちは。
小野 史弥です。

このブログも気がつけば1週間経ちました。
日記など全くつけなかった自分が
ここまで続いていることが不思議なくらいです。

今回は音楽講座、
題材は音程です。
音楽の三要素のうちの1つであり、
メロディを作る上で超重要な内容になります!
そんな基礎中の基礎でありながら、
細かい話をすると鍵盤の図を用いたり、
実際の音を鳴らしたりしながらじゃないと
説明が難しい項目でもあります(´・_・`)
(半音とかを話しに引っ張り出すと、
後半とても面倒なんですよね……)

しかし!皆さんの演奏や楽曲作成に使える内容を、
頑張ってお伝えします(`o´)


さて、そもそも音程とは
2つの音の間にある、「高さ(の隔たり)」のことをいいます。
その高さを計る為に「」という単位を使います。
例えばドから始まる音階の時、
基準の音となるドを「1度」と数えます。
そこから2つ目の音を「2度」、
3つ目の音を「3度」……、という風に数えます。
ここで、ピアノの鍵盤を思い浮かべて欲しいのですが、
ピアノには白鍵と黒鍵があります。

201904190029092e6.jpg


ドとレの間に黒鍵が挟まれていますが、
ミとファの間には黒鍵はありませんよね。
同じ2度でも、2種類あるんです!
間に黒鍵を挟んで2度の関係の音を「長2度」といい、
間に黒鍵を挟まない2度の関係の音を「短2度」といいます。
似たような感じで長3度や、短6度、
その他ちょっと考え方に一捻りある
増4度、滅5度というものもあります。
※より詳細な内容については、
レッスン「音楽理論講座」にてレクチャーいたしますよ!
ライブ情報があがりましたらお知らせしますし、
レッスンのご依頼ががあれば是非お問い合わせください(^-^)/

また、♯や♭といった臨時記号にも
読み方があります。

元々、♯には半音上げる
♭には半音下げるという意味がありますが、
そもそもこの♯や♭にも和名があるんです!
よく「変ロ長調」とか「変ホ長調」って付いている
曲名を耳にしませんか?
この「変」というのが♭の和名です。
では♯の和名って何と呼ぶのでしょうか?
知っている方います?
♯の和名は「嬰(えい)」と呼びます。
※漢字の書き方は、「かい、かい、おんな」ですw
あまり聞きませんよね。
その理由は……レッスン「音楽理論講座」にて‼︎
※ちなみにダブルシャープダブルフラットについても和名があり、
それぞれ重複しているといいことで、
重嬰」「重変」と呼びます。

これらの臨時記号がついた場合、
♯系統→長○度→増○度→重増○度
♭系統→短○度→減○度→重減○度

という数え方をします。

さて、この音大に入学するために必要そうなこの音程の知識。
あまり普段の演奏でも特に気にすることはないと思います。
にもかかわらず、なぜこの音程の知識が必要になるかというと、
和音を構成する時に絶対に必要になる知識になるからです((;゚Д゚))
※ただし和音のお話は、少し先になります。

それでは今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」まで、
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 | ホーム |  次のページ»»

プロフィール

小野 史弥

Author:小野 史弥
1990年、福岡県北九州市に生まれる。
5歳からピアノを始める。
小学5年時、親の都合で福岡市に引っ越ししたのを機に習いに行くのは辞めたが、当時から好きな曲を耳コピーしてピアノを弾き続けた。
中学時代に吹奏楽部、高校・大学時代に管弦楽部に入部、パーカッション、ファゴットを担当。
25歳の時、とあるバーでオープンマイクなるイベントを知りピアノ演奏を披露、以降そのバーや近隣のバーで演奏活動を行う。
長年の演奏活動にて培われた音楽知識や感性を元に、オリジナル曲の制作や音楽講座のイベントを積極的に行う。特に音楽講座については、音楽経験者・未経験者問わず、音楽の楽しさや素晴らしさを伝えるため、日々ネタを温めている。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR