fc2ブログ

首里城へ思いを寄せて:じんじん(沖縄わらべ歌より)/福島弘和

こんにちは。
小野 史弥です。

2019年10月31日。
ハロウィンとして子どもも大人も毎年異常な程の盛り上がりを見せているなか、
非常にショッキングな事件がありました。
世界遺産であり沖縄県の象徴、
「首里城」の全焼……。
正殿を含む6殿がほぼ全焼したという衝撃的なニュース。

僕も沖縄に行ったことがあり、首里城にも観光に行きました。
漆塗りで朱に染められた一帯の敷地内はとても荘厳で、
まるで異国にいるんじゃないかと錯覚させてしまう程の
神々しさがありました。
古代沖縄、琉球王国の文化の象徴中国との歴史を紐解く為の文化財としても貴重な存在でり、
「あ、今沖縄に来ているんだな」と実感させてくれる、
ベタだけで素晴らしい観光スポットでした。

それが深夜に、同じ赤でも炎の赤に包まれるなんて……。
ニュースでしか見ていませんが、炎に焼かれ無残に崩れ落ちていく様を見た時、
沖縄県民ではないのに、何故だか自然と涙が一筋流れていました。
それはやはり観光に行った時のあの神々しさが記憶に残っていましたし、
あまりに衝撃すぎて……。
しかも大量の火の粉も舞い、
深夜に鳴り響く消防車のサイレンと非難誘導する該当のサイレン。
当時の現地の方々の立場で考えたら、本当に恐怖でしかなかったと思います。
その焼かれていく様、焼失後の変わり果てた姿に、
「戦後の悪夢と同じような様だった」とうな垂れる現地の皆様の声。
本当に心苦しいです( ノД`)

関東県周辺の災害台風や今回の首里城焼失など、
耳が痛い災害や事件が後を絶たない2019年。
台風被害の裏で初めての決勝トーナメント進出の快進撃を続けた
ラグビー日本代表「ブレイブブロッサム」にも、
「現地でラグビー中継を見れる場所がないのに、どうやって応援すればいいんだ!」
「見ることもできないのに勇気なんかもらえるわけない、綺麗事を言うな!」
と、これまた耳が痛い批判の声もたくさんありました。

しかし、実際のプレーや声、音が見えなくても聞こえなくても、
被災地を想う」という心自体がなかったら、
それこそ被災者の方々を無下に扱ってしまうのではないでしょうか。

どんな小さなことでも、その「被災地を想う」気持ちがあれば、
その気持ちは必ず何かにバトンが渡り、そのバトンが繋がって、
必ず現地に届くと、僕は信じています。
なぜなら被災地を想うという事自体、既に行動を起こしているのですから。

だから僕は音楽家として、沖縄の音楽を紹介し、
少しでも沖縄の復興に、活力を与えたいと思います。

沖縄の民謡や童歌を題材に作曲された、
吹奏楽曲「じんじん(沖縄わらべ歌より)」
じんじんとは「」を意味する現地の方言で、
沖縄に伝わる童歌に「じんじん」という曲があります。
このじんじんをはじめ、計5曲の童歌が取り上げられています。
(・外遊び「わーっくワわーっくワ」
・動物の歌「ジンジン(ほたる)」「スリー玉虫」
・子守歌「べーべーぬ草刈いが」
・手まり歌「いちくさんかく」)
吹奏楽曲らしい、急→緩→急の3部構成で、
沖縄らしい陽気な雰囲気漂う楽しい楽曲です。

表題曲になっている「じんじん」は、小太鼓のリズムに合わせ、
木管楽器の歯切れ良いメロディが奏でられます。
ティンパニやタム、そして低音楽器の「タタタタタ」という付点のリズムに乗せ、
力強く曲が進みます。

一転して、フルートsoloから始まる「べーべーぬ草刈いが」。
ここの部分、どうしても僕には、
「平和への祈り」に聞こえて仕方がないです。
沖縄は太平洋戦争で、唯一地上戦が行われた場所。
目の前で命が奪われる様や、倒れていく命。
現在も米軍との確執や基地問題が根強く残り、
どの県よりも戦争を非難し、平和への渇望が強いと言えるのではないでしょうか。
そういった歴史背景も踏まえてこの曲を聞いたり演奏したりすると、
それだけで熱いものがこみ上げてきます。

そして最後は沖縄の陽気さ、「ハイサーイ」という声が聞こえてきそうな「いちくさんかく」。
こちらも付点と裏のリズムが曲を支配し、琉球音階で華やかにメロディを奏でます。
途中でトロンボーンの裏メロディも加わり、
老若男女誰もが民謡を愛する沖縄県民性を彷彿させるようなエネルギッシュな状態で、
最高潮を迎えます(曲自体は静かな終わりを迎えますが)。

風土も文化も、日本本島と一線を画す沖縄の音楽文化。
少しでも興味を持っていただき、現地へ想いを馳せようではありませんか。
そして願わくば、これまた途方もない予算が必要になるかもしれませんし
それをどこから捻出するかという議論も発生するでしょうが、
必ずや再建されることを切に願うばかりですm(_ _)m

じんじん(沖縄わらべ歌より)/‪福島弘和‬
千葉県立‪市川南高校吹奏楽部
※少人数ですがYouTubeにあった音源の中で一番上手です
https://youtu.be/YZ5uYgQJZjA @YouTubeより‬

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【オープンマイク】
・日時:11月9日(土) 18:30より
場所:御縁屋赤坂
・日時:11月20日(水) 20:00より
場所:音楽酒場ブギ

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/
スポンサーサイト



楽曲紹介:FireDance/RiverDance

こんにちは。
小野 史弥です。

最近参加するイベントのたびに僕が演奏している、
リバーダンスから「ファイヤーダンス」。
よく曲紹介で「フィギュアスケートでも使われる事が多い曲」と紹介しておりますが、
元々の原曲をご存知の方ってどのくらいいらっしゃるのでしょうか(・Д・)ノ

そもそも「RiverDance(リバーダンス)」とはなんでしょう(´・ω・`)

タップダンスの原型ともいわれるアイリッシュダンス(アイルランドの踊り)。
その中でも上体はほとんど動かさず、足だけで動かす
「アイリッシュステップダンス」というダンスを元に繰り広げられる舞台作品です。
アイルランドの作曲家、ビル・ウィーランさんの楽曲をバックに、
アイルランドの神話や歴史、他民族との交流などをモチーフにされています。
2部構成になっていて、計23もの演目を踊ります。
「リバーダンス」という名前の由来は諸説あり、
数十人ものダンサーが横一列に並び、一糸乱れぬステップを踏んでいる様を、
大河が押し寄せてくるような迫力あるダンスである、といわれる一方、
ケルト文化を川(river)に例え、世界中に広がっていくように
と願いを込められてつけられた、という説もあります。

北欧の音楽文化、ケルト調独特なリズムやメロディは多くの人々を虜にし、
吹奏楽やフィギュアスケート、様々なダンスショーなどにも取り上げられている、
大変人気な楽曲でもあります。

その中でも特に、女子フィギュアスケート、
鈴木明子さんや宮原知子さんが取り上げた事で一躍有名&人気になったのが、
第1部の後半で披露される演目、「ファイヤーダンス」です(`・ω・´)
フラメンコをモチーフにしたファルダと呼ばれる長くひらひらの柔らかいドレスを纏い、
ドレスの裾を掴んで激しく美しく振り上げながら踊られる、
太陽の国スペインを思わせる情熱溢れるダンスです(`∀´)

この曲の最大の特徴はなんといっても「変拍子」‼︎
もうすごいですよ、拍子が一定に固定されておらず、
目まぐるしく変わるんですから!
その拍子は以下になっています↓

7/8×4→6/8×2→4/8→6/8→4/8

タタ
タタ
タタ
タタ
タタタタ
タタタタ

タタタタ

※赤文字はアクセント

この流れを1フレーズとしてメロディが組み立てられたり展開していきます。
更にリズムを強調されるために用いられる、
カスタネットやボンゴの存在が、フラメンコの情熱さをさらに演出しています\(^o^)/

そんな情熱溢れるファイヤーダンスを、
原曲及び本当のダンスと共に紹介します♩

僕もピアノでアレンジしているので、その演奏は、
後述の参加予定イベントで聴けるかもしれませんよ(´∀`*)

FireDance/RiverDance
https://youtu.be/T_y4v_rUiUg

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【オープンマイク】
・日時:10月25日(金) 19:00より
場所:御縁屋赤坂(ソロギターオンリーイベント)
・日時:10月28日(月) 19:30より
場所:TUPERO
・日時:11月3日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
・日時:11月9日(土) 18:30より
場所:御縁屋赤坂
・日時:11月20日(水) 20:00より
場所:音楽酒場ブギ

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/

楽曲紹介:生きて/Aqua Timez

こんにちは。
小野 史弥です。

今回は楽曲紹介です。
僕が尊敬してやまない大好きなバンド、
Aqua Timezの「生きて」を紹介します(^-^)/

Aqua Timezといえば、
「等身大のラブソング」
「決意の朝に」
「千の夜をこえて」
「虹」

など、数々の名曲を世に生み出した5ピースのバンドです。
ボーカル太志が紡ぐ、人間誰もが持つ孤独を歌い、
そこに寄り添ってくれる歌詞で、
若い世代を中心に多くの人の心に勇気を与えてきました。
残念ながら2018年をもって解散となりましたが(T_T)、
二度の紅白出場、24時間テレビでも度々歌われたり、タイアップ曲も多かったりと、
とても影響力の大きかったバンドです!

ただ、上に挙げた曲を始め、世間の人々は
初期の曲しか知らない人が多く、
とある事件からあまりメディアにも出なくなりました。
※詳しくは「太志 国歌(斉唱)」で検索。
あまりにも活動状況が聞かれないため、
活動中にもかかわらず解散説が囁かれたりと、
散々な目にあっているバンドでもあります(;ω;)

しかし、多くの歌詞で人間の持つ孤独や悩みに寄り添い続けた彼らの曲が、
この曲で覚醒します!
(当人達もラジオなどで「この曲から歌詞の世界観が変わった」と証言しています)
それが今回紹介する「生きて」です(`・ω・´)
ドラマ「SAKURA〜事件を聞く女〜」の主題歌であり、
ごくせん、ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜で主演された、
仲間由紀恵さんとの(映画も含め)4曲目のタッグにもなりました。

タイトルから既にわかる通り「生」へ向けた力強いタイトル。
全てのキーの中で「一番明るく希望溢れたキー」といわれている
「D Major」で書かれているます。
そしてその歌詞も驚くほどに直球すぎて、アップテンポなロックな曲調と相まって、
言葉が心に次から次へとグサグサ刺さるんです(`・ω・´)

その中で僕が一番印象に残っている歌詞が、こちら!

『人の厳しさが尖った氷にしか思えずに
ここまで ここまで 来てしまったけど
二度と逢えない人がくれたその氷は今
こんなに あたたかい 涙になった』


ラスサビの一節です。
例えば両親、例えば先生や恩師、例えば仕事の(素晴らしい)上司……。
自分のことを思ってあえて厳しいことを言ってくれたのに、
まだまだ青く、その言葉の真意が理解できなかった。
そしてその真意が理解できた時、その人はもういない……。
「失ってから気づく事」が溢れているこの世界を
ここまで見事に表現された歌詞に、
初見でガチで泣きました。
しかもその言葉があの力強いメロディに乗って歌われるから、もうボロボロw

そんな人間の抱える悩みにいつも寄り添ってくれた
Aqua Timez渾身の生命賛歌を、公式チャンネルの動画からお届けします!
歌詞も載せられているので、ぜひ歌詞を見ながらお聴きください♩


『生きていくっていうことは 素晴らしいものだよ』

‪Aqua Timez 『生きて』 Music Video
https://youtu.be/REE_S0aSqRw

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【ブッキングライブ】
・鍵盤弾き語りアーティスト限定ライブイベント
【白と黒の唄】

201909191412152a6.jpeg
日時;10/11(金)
open 19:30 start 20:00
チャージ:前売り1500円、当日2000円 + 1drink500円
場所:Livecafe&bar アクアリウム
https://liveaquarium.net/
※チケットはないそうなので、お越しいただける方は、
コメントやメールフォーム、ツイッターなどでお問い合わせください♩
前売り料金として予約を承ります!


【オープンマイク】
・日時:10月1日(火) 19:30より
場所:TUPERO
・日時:10月6日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/

楽曲紹介:smile world/Daizystripper

こんにちは。
小野 史弥です。

今回は2017年にメジャーデビューを果たし、
2018年にはオリジナルレーベルも立ち上げた、
ヴィジュアル系バンド「DaizyStripper(デイジーストリッパー)」の
「smile world」という楽曲を紹介します。

※本当は別の曲を紹介したかったのですが、
動画が削除されてしまったようで……。

……え?
あんなにクラシックやオーケストラのことを推していたのに、
ヴィジュアル系も聴くのかって?
いい音楽にジャンルなんて関係ないのです(`∀´)!(迷言)

まず、このDaizyStripperは
2007年に結成された5ピースのV系バンドです。
インディーズ活動中もオリコンインディーズチャートで上位を連発!
記念すべき10周年にメジャーデビューとなりました。
女性キーを上回るハイトーンボーカルと、
「しっかりと耳に残るメロディーの楽曲制作」をコンセプトにした
キャッチーなメロディが特徴です。
その楽曲はV系初心者の人が聞いても突掴みやすいメロディが多く、
確かに耳に残ります(僕がそうでした)。
また、ボーカル「夕霧(ゆうぎり)」さんの紡ぐ、
自分自身とファンとの関係性を大切にした歌詞も魅力の一つです。
その証拠に、9thシングル「切望のフリージア」が
アニメ「遊☆戯☆王ZEXAL」のエンディングテーマにも起用され、
一般の方にも大きな話題となりました。

「切望のフリージア」(アニメ映像、2番は合成のため歌詞なしです)
https://youtu.be/Ps5YOOjzIbs

そして、このバンドのほぼ全ての楽曲を作曲しているのは、
ドラムの「風弥(かざみ)」さんです。
この人がとにかくすごいんですw(゚o゚)w


20190925204037873.jpeg

3歳からピアノ、9歳から作曲を習い、中学でベース、高校でドラムを始めます。
うん、9歳から作曲って、どゆことw?
そんな英才教育を受けた証拠のエピソードとして、
小学校6年生のときに卒業式で歌う曲を作曲し、本人のピアノ伴奏で皆で歌ったそうです。
その歌は今でもその小学校で歌い継がれているそうです。
これは恥ずかしいけど嬉しいでしょうね!

更に進路がすごい!
洗足学園音楽大学‼︎ガチ音大ですよ‼︎
YouTubeにチャンネルもあるガチ音大ですよ‼︎
バンド活動のため中退しているとはいえ、
音大出身のV系ドラマーって聞いたことありますΣ(ω |||)⁉︎
V系仲間でもかなり異色の出身という肩書きを貼られているそうです。
更に、ピアノの腕前もかなりのもので、
バンド内でのピアノの演奏は勿論、
バイオリンとチェロをゲストに迎え、バンドの楽曲をピアノインストにアレンジした
「DaizyStripper Piano Selection I」「DaizyStriper Piano Selection II」もリリースされています!

しかも風弥さんは即興で作曲するのも得意で、
その能力はメンバーからも太鼓判を押され信頼されています。
このバンドのキャッチーで耳に残るメロディや楽曲は、
風弥さんの才能と、音大で培った確かな作曲力で成り立っているんですね。
完璧なデキル男やないか……((((;゚Д゚)))))))


‪風弥~Kazami~ソロプロジェクト【DaizyStripper Piano Selection Ⅰ、Ⅱ】
https://youtu.be/bx-Q0KojhVs

でもV系と聞くと、
「とにかくガンガンうるさいだけの若気の至りのロック調の楽曲ばかりだろ」
という偏見を持たれている方も多いかもしれません。
皆さん、伝説のロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIさんが
「そういうイメージを持たれるのが物凄い嫌で腹が立ったので、
V系バンドでもしっかりとした楽曲を作れることを証明する」
というお話を聞いたことありますか?
現にXの曲には「Forever Love」「Endless Rain」など、
世界でも認められた壮大なバラード曲が存在していますよね。

このDaizyStripperもそうで、
彼らのバラード曲は、個人的に色んなアーティストの中でも、
「珠玉のバラード」だと思っているほど、めちゃくちゃいい曲なんです!
その中でも特に好きなのは「smile world」という曲です。
1stアルバム「birth」に収録された楽曲で、
応援してくれているファンを想って書かれた、
6:30以上もの壮大なバラード曲です。
その歌詞はとてもストレートであり、
優しいフレーズでそっと肩を抱き背中を押してくれる、
DaizyStripperの中でも1番好きな曲です。
また、この曲をもって東日本大震災でもたくさんの復興活動も行い、
音楽ファンの間や被災地の人々を勇気付けてくれました。

好きな曲、伝えたい音楽に、ジャンルなんて関係ありません。
世界は狭いようで広く、広いようで狭いです。
きっと自分が好きだと感じた音楽は、
自分以外の「誰か」1人でも好きになってくれる人がいるはずです。
だって僕も、その誰かにとっては「自分以外の誰か」なんですから。

‪DaizyStripper/「smile world」
https://youtu.be/2QR6noaRsyQ

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【ブッキングライブ】
・鍵盤弾き語りアーティスト限定ライブイベント
【白と黒の唄】

201909191412152a6.jpeg
日時;10/11(金)
open 19:30 start 20:00
チャージ:前売り1500円、当日2000円 + 1drink500円
場所:Livecafe&bar アクアリウム
https://liveaquarium.net/
※チケットはないそうなので、お越しいただける方は、
コメントやメールフォーム、ツイッターなどでお問い合わせください♩
前売り料金として予約を承ります!


【オープンマイク】
・日時:10月1日(火) 19:30より
場所:TUPERO
・日時:10月6日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/

ボレロの要素を含む曲

こんにちは。
小野 史弥です。

過去の記事にて、ラヴェルの「ボレロ」について
紹介した記事があります。

フレーズを付け足すこと
https://bravomusic.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

実はこの「ボレロ」という言葉も、
固有名詞ではありません
ボレロとは、3連符の要素を多く含む
3拍子or4拍子の「舞曲」の総称です。

ラヴェルのボレロも、「バレエ」曲として認知されています。
特徴的なのは、やはりそのリズムですよね。

「タン タタタ タン タタタ タンタン
タン タタタ タン タタタ タタタタタタ」


というリズムがスネアドラム(小太鼓)によって、
その曲を支配するわけです♩

ネットでボレロと検索すると、ラヴェルのボレロか、
ファッションでのボレロが、その検索結果のほとんどを占めます。
しかし、実はこのボレロの要素を持った曲は、
他のクラシック曲や様々な音楽シーンで
使われていたりするのです(`・ω・´)


今回はそんなボレロの要素を持った曲を
2曲ご案内しますヽ(´∀`)ノ


・バレエ音楽「ガイーヌ」より「フィナーレ」/ハチャトゥリアン
※2:06ぐらいからの部分です。
https://youtu.be/r2IODiptWqI

ロシア(旧ソ連)の作曲家、ハチャトゥリアンのバレエ曲です。
有名なものは「剣の舞」や「レズギンカ」が挙げられますね。
フィナーレにふさわしく、力強く華やかに歌い上げられます!

・「天命(divine decree)」/ファイアーエムブレム 覚醒より
https://youtu.be/_rQR7cgOtYc

最新作も発売されたファイアーエムブレムシリーズの中でも、
1回聞くとその中毒性でなかなか忘れられない曲です。
ストーリーにも関わってくるのですが、とても宗教的な楽曲でもあります。
静と動の2バージョンがある為、聴き比べるのも楽しみの1つです(^o^)

ボレロはレゲエやポルカなどと同じく、
その楽曲を指すジャンルの1つです。
あのリズムの上で、奏でられるメロディやコードを独自のものにすれば、
あなただけのオリジナルの「ボレロ」が出来上がるかもしれませんよ(/∀\*)

それでは、今回はこの辺で!
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m
明日もいいことがありますように🌟

●オリジナル楽曲の楽譜販売を始めました●
※8/14、オリジナル「AquaBlue」、Aqua Timez「銀河鉄道の夜」
8/18、オリジナル「WindGreen」、Aqua Timez「青い空」をリリースしました‼︎

アレンジ曲の楽譜も制作・販売します。
今後も続々リリース予定ですo(^▽^)o
購入はこちらのサイトまで↓
https://store.piascore.com/search?c=399
※ピアノ譜ですが、ギターなど他の楽器によるカバーも大歓迎です☆

今後出演予定のライブ、オープンマイク情報.゚+.(・∀・)゚+.
【ブッキングライブ】
・鍵盤弾き語りアーティスト限定ライブイベント
【白と黒の唄】

日時;10/11(金)
open 19:30 start 20:00
チャージ:前売り1500円、当日2000円 + 1drink500円
場所:Livecafe&bar アクアリウム
https://liveaquarium.net/
※HPが閲覧できるようになりました\(^o^)/

【オープンマイク】
・日時:8月24日(土) 20:00より ←今週の土曜日です!
場所:ENOTN Akasaka Studio
・日時:9月1日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i
・日時:10月6日(日) 19:30より
場所:LiveBar i&i

レッスンのご依頼やご相談・ご質問は、
リンクの「お問い合わせ」、
もしくはツイッターにてお気軽にお問い合わせください♩
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
コメントも大歓迎です〜(^-^)/


 | ホーム |  次のページ»»

プロフィール

小野 史弥

Author:小野 史弥
1990年、福岡県北九州市に生まれる。
5歳からピアノを始める。
小学5年時、親の都合で福岡市に引っ越ししたのを機に習いに行くのは辞めたが、当時から好きな曲を耳コピーしてピアノを弾き続けた。
中学時代に吹奏楽部、高校・大学時代に管弦楽部に入部、パーカッション、ファゴットを担当。
25歳の時、とあるバーでオープンマイクなるイベントを知りピアノ演奏を披露、以降そのバーや近隣のバーで演奏活動を行う。
長年の演奏活動にて培われた音楽知識や感性を元に、オリジナル曲の制作や音楽講座のイベントを積極的に行う。特に音楽講座については、音楽経験者・未経験者問わず、音楽の楽しさや素晴らしさを伝えるため、日々ネタを温めている。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR