fc2ブログ

一度きりの人生

こんにちは。
小野 史弥です。

突然ですが皆さん、
今の人生、幸せですか?
仕事と趣味を両立したり、家族と楽しい時間を過ごしたり、
はたまた昨今話題のブラック企業に勤めていて仕事漬けの毎日を送っていたり。
人の数だけその人だけの人生があると思います。

今回は、アラサーにもなって、
なぜ突然こんなことを始めたのか

ということを、なるべく詳しくお話しします。
※内容が暗いかもしれませんので、読んで頂ける場合は覚悟してくださいね。

簡単に言うと、
「仕事」「労働」というワードが怖くなりました

突然のカミングアウトですが、20代の間に
合計5つもの職場を経験しました
転職を4回もしています(゚д゚|||)

その内訳は以下の通り。
・個人宅への飛び込み営業(完全歩合制)
・塾の新規教室長候補
・コールセンターその1
・コールセンターその2
・建築業の事務(という名のバリバリ現場労働)
……改めて見ると、我ながら色んなものに手を出してるな(-。-;

・始めのところは、完全歩合という意味を全く理解していなかった上に、
「誰でもアポイント取れる」という口車に乗せられ、
高額な商品の購入してもらうための商談を取ってくる営業でした。
まず、社会経験1年も経っていないのに、
こんなナヨナヨしたガリガリの文化系メガネ男子が
数十万の商品を手に個人宅相手に商談が取れるはず無いでしょう!
営業経験もなかったし、月0件なんて当たり前。
そしてその場合、完全歩合ということで、
給料ナシ‼︎‼︎いや、これマジでしたからね‼︎‼︎
無休労働が3ヶ月も続き、さすがに親からもヤバイと言われ、
生活できないという理由で退社。

・次に子供好きという理由で、塾講師に興味を持つ。
しかし英◯館のような成績実力主義は体質に合わず、
マイペースに子供たちの学習の習慣付けと受験学習との両立を謳っていた
某塾に非正規として入社。
初めはある教室のサポート講師として、ちゃんと毎月給料ももらっていたのに、
いつのまにか新規教室立ち上げのメンバーに駆り出されていて、
突然抑えていたテナントに放り出されました。
新規教室立ち上げなので、生徒も自ら勧誘→営業しないといけない、
毎日毎日チラシや広告の袋詰めで日にちは跨ぎ、
冬休みにも重なっていたので冬の無料体験として教材も準備し、
朝早くから深夜まで働き詰めでした((((;゚Д゚)))))))
(労働時間で言えば、この時が一番ブラックだったかも……
手取りもギリ20万とかだったし)
それなのに目標数に届かず、本部からは事業失敗の烙印を押され
一緒に働いていた上司から
「給料を払えなくなった」って言われましたからね。
23歳8ヶ月にして初リストラを経験したんです・゚・(つД`)・゚・
その時のさらなる幹部の人も、
子どもを「金」としか見ていないような考えの人でしたし、
就職人生の中では、一番の黒歴史ですね。

・次にコールセンター。業界としては一番長く勤めた業界です。
管理職(中間管理職ですが)も経験したし、
とても為になる経験も学びも、お世話になった方もいらっしゃいます。
ですが単純に、
キチガイクレームがマジクソ
そのクレームに対する決定権(要求受諾など)は与えられず
即答できないため更なるクレームを生み
それに対する上司からのフォローは一切なし(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
それなのに自分にはオペレーターのフォローをするよう依頼され
そのうえ残業地獄の毎日
(♯`∧´)

百歩譲ってオペレーターのフォローはわかるよ?
キチガイクレームの対応もわかるよ?(覚悟してたし)
だってそれが仕事なんだもの。
でもそれによって回らなかった仕事は誰がフォローしてくれるの?
はい、僕自身です(^-^)/
そういう状況を知っているのに、
上司は自分の仕事しかしません。
その人の言い分曰く「現場の管理者は君(の役職)でしょ?」
いやいや、あんた正社員でしょ、僕非正規だよ?
なんでオペレーターと同じ労働契約なのに、
正社員並みの労働時間と責任を課されるわけε=ε=(怒゚Д゚)ノ
そういったキチガイな客と社内の人間関係(2社とも)に
人間不信、鬱を発症し、会社に対する信用をなくして退社。

最後のやつは、指摘を挙げればキリがありません(♯`∧´)
書くのも面倒だし……
一言でまとめるなら
「昭和の体質が抜けきらない、改善する気もない」
ところでした。
ハッキリ言って、募集ページから詐欺じゃん!
って今だからこそ思います。
※昭和の体質といのがどういうものだったかというのは、
皆さんのご想像にお任せします。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
こうした労働人生を送った中で、脳裏によぎったのは、
「この先こんな「労働」を何十年と続けて、
果たして僕の人生は幸せな人生だったと胸を言えるのだろうか」

ということでした。
好きなことややりたい事や夢を押し殺して、
生活の為にやりたくない仕事をストレスを抱えながらやり続けて生きる。

もちろんそれも一つの考え方だし、間違いとは思いません。
「仕事」とは職場や会社に「仕える事」ですし、
どちらかといえば、そういう考え方が社会として「当たり前」なんだろうし、
この社会に生きる大人として正しい考えなのだろうと思います。

実際最後のところを辞める旨を人事の人に言われました。
「気持ちはわかる、君の言っていることは間違いではない、
やりたい事、好きな事が仕事にできれば、それが一番いいよ。
でもね、現実はそう甘くないよ。」
その後はよく耳にする有難いお説教でしたが、
右耳に入ったものを左耳から垂れ流していました。
「でも!」と言われた瞬間、
あ、もう何を相談しても無駄だ
と思いました。
だって結果的に僕の主張は却下・否定して、
社会の通念を押し通されたんですから。

確かに半端な道ではないことはわかっていますし、
もしかしたらうまく軌道に乗らずに貯金も底をついて、
生活ができなくなり野垂れ死ぬかもしれません。

でも、ここでもう一度聞きます。
今の人生、幸せですか?

「やりたい事、好きな事が仕事にできれば、それが一番いい」ってわかっているなら、
失敗したとしても挑戦した方が、
何もしないで仕事一徹で働き続ける人生よりも
何万倍も人生充実していると思いました。


「ただ仕事から逃げているだけじゃんw」
「趣味と仕事を履き違えてんじゃねぞ(#゚Д゚#)ゴルァ!!」
「もうすぐ30でしょ?今更そんなことしてたらもう就職先ないよΣ(´Д`*)」
「そんなんで成功したら誰も苦労せんわ!
そんなんで成功できるのはたった一握りの中の一握りだろ‼︎」
「無理無理‼︎‼︎」
と軽蔑する人もいるでしょう。
しかし、「逃げるは恥だが役に立つ」!
きっとこの決断も、自分の人生において、
何かの意味があると思います。
もし、この音楽人生が上手くいかなかったとしたら、
それは僕は、この時代に生まれるべきではなかったんだと思います。
(ここまできたら最早、労働不適合者なんだろうしw)


長くなりましたが、ここまで読んでくださり
ありがとうございました。
これがこの活動を始めようと思った経緯、
そして決断と覚悟です!
ありがたいことに、僕の音楽活動を知ってくださっている方や、
音楽仲間もいらっしゃいます.゚+.(・∀・)゚+.
最初はその方々にお力添えをいただきながら、
少しずつ活動を行なっていきます!
まだまだ未熟者ですが、
皆さん、何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m

拍手やコメント、お待ちしております。
スポンサーサイト



自己紹介

こんにちは。
小野 史弥です。

今回の記事は、小野の自己紹介です。
音楽との関わりを中心に、
これまでの人生を掘り下げてみたいと思います(/∀\*)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
名前:小野 史弥(おの ふみや)
性別:
誕生日:5/23
趣味:社交ダンス✨、ゲーム、カラオケ
好きな色:
好きな食べ物:スイーツ🍰
好きなアニメ:おそ松さん(一松推し)

経験楽器:ピアノ(20数年)、ファゴット(7年)、パーカッション(3年)
演奏スタイル:ピアノソロ、ピアノ弾き語り
演奏ジャンル:オリジナル曲、自分のお気に入り曲の耳コピー演奏
好きな音楽ジャンル:クラシック、ゲーム音楽
好きな音楽家(クラシック):ベートーベン、チャイコフスキー
好きなアーティスト:Aqua Timez(2018年解散(T_T))
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

次に、音楽にまつわることを、
年齢ごとに赤裸々に紹介していきましょう(∩・∀・)∩


○ピアノを始めたのは5歳の時
小さい頃から音楽やピアノにとても興味を示していて、
幼稚園や祖父の家にあったピアノでいつも遊んでいたそうです。
で、家族ぐるみで付き合いのあった家がピアノ教室をしていたので、
そのまま習いに行っていた、というのが全ての始まりです♩
引っ越すことになった小4まで習いに行ってました!

当時から好きな曲を右手でメロディを弾いて
遊んでいたのを思い出します♪
また、当時Kiroroさんの曲が大ヒット!
特にデビュー曲の「長い間」のあのピアノイントロには
強烈な戦慄を覚えています🙂
あの曲が弾きたくて、無我夢中で練習してましたね〜。
それからです、家族や友達から
「長い間を弾いてよ」と
事あるごとに演奏させられたのは(笑)
そして、誰もが経験すると思いますが、
僕もバイエルとかはノンとかっていう
レッスンの内容は嫌いでしたねぇ😅
段々、嫌々習いに行っていたようなw


△中学時代、吹奏楽部に入部!
運動嫌いだった僕は、迷う事なく吹奏楽部へ直行しましたw
「運動部じゃない男子なんて軟弱そうで笑われる」
とい偏見もなんのそのwww
歓迎演奏でのドラムに憧れ、パーカッションパートを希望、
希望が叶いパーカッションを担当しました\(^o^)/
当時パートの人数も少なく、
1曲に必要な楽器も全てカバーできないほどでした。
しかし「パーカッションパートたる者、
全ての楽器を使いこなさずしてパーカッションパートにあらず」

という歴代のしきたりのもと、
ティンパニ、スネア、バスドラ、シンバル
といったメジャーなリズム楽器から、
マリンバ、シロフォン、ビブラフォン、グロッケン
といった鍵盤楽器も練習してましたね。
しかしこれも偏見ですが、
「男子が鍵盤楽器担当なんてありえなくない?
男らしく叩く楽器だろ」みたいな圧力で、
鍵盤を担当することは少なかったです(笑)
ま、憧れだったドラム🥁も経験したのは
いい思い出です👍

この吹奏楽部の経験によって、自分の音楽ジャンルが
クラシック方面に向かうことになります(^-^)/

□高校時代、福岡市唯一のフルオーケストラ部がある高校へ!
中学時代、合同演奏会を行った事をきっかけに、
遠すぎるからと親の反対を押し切って、
福岡市立、福岡西陵高等学校へ入学🏫
この高校、音楽の部活は吹奏楽ではなく
管弦楽(オーケストラ)部なんです♪───O(≧∇≦)O────♪
いやー、勉強そっちのけで部活ばっかりしてましたねw
(一応成績も中の上ぐらいで頑張ってはいましたが(゚д゚))
※吹奏楽と管弦楽の違いについては、また別の機会に

そして、このオケ部に入部した事で、
運命的な出会いが……!


そう!ファゴットとの出会いです‼︎
キタ━(゚∀゚)━!


高校でも打楽器を続けるつもりだったのですが、
・同じく中学時代に活躍していた男子が打楽器を希望していた事
・オーケストラ曲は打楽器が少ない曲も多く、
学年毎に1人→2人→1人……とサイクルしていて、
僕らの代は1人の年だった事

仮入部期間中、誰も入部希望者がいないと嘆いていた
ファゴットの先輩に半ば強引に連れられw、
楽器体験した時に音が鳴った事(←一番の原因)

そして、パーカッションとして合奏中に、メロディ楽器に対し、
「自分だったらもっとこんな感じでメロディを演奏するのにな……」
というわだかまりがあったことも後押しして、
ファゴットパートに入る事を決意しました♫

そしてこの西陵オケは、全国学校合奏コンクールにおいて、
全国2位になったこともある強豪校★
その強さの秘訣は、大小問わず、
年間30回以上にも及ぶ演奏の場がある事ですΣ('◉⌓◉’)
人前で下手な演奏をするわけにはいかない。
そして先生も厳しい。
嫌でも上手になるわけです(笑)
しかしこの高校三年間のオケ部経験が、
自分の音楽に対する考え方の基礎になったと自負しています!
部活の特性上、クラシック曲に対する偏見も無くなりましたし、
今でも普段から聴くのは、ポップスよりもクラシック曲がメインです( ̄^ ̄)ゞ
※ちなみに僕が高3の時は、
全国3位になりました(#^.^#)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
また、この高校時代に、
僕の音楽活動において欠かせない出来事が
2つあります!

1つはAqua Timezとの出会い。
思春期ど真ん中で色々病んでいたこの時期、
Aqua Timez「決意の朝に」という曲に
とても救われたんです。
悩みふさぎこんでいた僕の背中を押してくれた優しく等身大な歌詞
その言葉をさらに心に染み渡らせてくれる温かなメロディライン
速攻ピアノで耳コピーして練習しましたし、
カラオケでも歌いまくりました(//>ω<)

現在、歌モノも作るようになったのも、
Aqua Timezの曲に出会った事がきっかけです!

もう1つは、音楽理論です
強豪な音楽の部活のため、そのまま音大を志望する生徒もいました。
そんな生徒たちのために、土曜日の補習の時間を使って、
音楽講座が実施されました(担当はオケ部の顧問の先生)。
そこで学んだのが音楽理論(楽典)です!
詳細はこのブログでどんどん発信したり、ライブや依頼で音楽講座を開催する予定ですが、
この学びの経験があったからこそ、
今の音楽活動にとても振り幅を広げることができました(^-^)/

☆大学時代、大学オケに入団!1曲における密度を集約して♩
地方大学に入学しても、音楽から離れることができず、
大学内にある交響楽団(オーケストラ部)に入団!
担当は引き続きファゴットです♩

大学オケ時代はそこまで演奏会の機会が多くなく、
春の演奏会冬の定期演奏会
の2つに絞って活動していました。
その分、1つの曲に対する練習も濃くでき、
指揮もプロの指揮者が振ってくださることもあり、
とても充実していました。

大学の時は、
楽曲分析(アナリーゼ)に特に力を入れていたのを覚えています。
簡単に言うと、その曲に対する研究です(。-_-。)
高校までは顧問の先生が色々指示して、それ通りに演奏していましたが、
大学・市民オケになると、指揮者のやりたい音楽表現についていけるよう、
自分たちでその曲について調べることが必要になりました。
それによって曲の見方、捉え方もどんどん変わっていき
ぶっちゃけ嫌いだった曲も、今では大好きな曲になったりと、
とても大きな意味を持ちます!
また、大学3回生時、九州のオーケストラ好きが集まって、
1人の作曲家の交響曲を1日で全部演奏しよう
というとんでも企画にも参加しましたね((((;゚Д゚)))))))
題材はベートーベン。
就活や学業、大学の練習と並行して、5/9曲を担当することになり、
個人的にはまあボロボロでしたw
しかしこの時、憧れの第九も演奏することができましたし、
大学時代は音楽との向き合い方を学んだ気がします。

♤現在、素晴らしい音楽仲間との出会い☆
社会人になってからは、再びピアノ(キーボード)一本で活動中です。
※だってファゴットって、中古で数百万の楽器なんですもん>_<
とてもとても……
その中で、素晴らしいプレイヤーの方々とたくさんの出会いがありました。
楽器、ジャンルが違えども、多くの刺激をいただいており、
「あ、この曲いい曲だな〜」と、素敵な曲にもたくさん出会いました。

すると、
僕もこの曲を弾きたいな
と思ってしまうのが、音楽家の悲しい性でございます(´∀`*)
オリジナル曲を作りつつ、出会った素敵な曲たちを自らの手で編曲し、
それを演奏したことのある人に披露して、
新しい違いを発見してもらったり楽しんでもらったりしています♩

そうしてできつつある音楽という素敵な輪を
これからももっともっと大きくしていこうと考えています‼︎

まずは小さな演奏会やライブなどにお邪魔したり、
このブログを多くの方に見ていただいて、
僕の存在を知ってもらいたいです(^-^)/

それでは今回はこの辺で!
明日もいいことがありますように🌟

記事を見ていいなと思った方、
拍手やコメントをぜひ、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

ブログ始めました!

皆さん、はじめまして!
小野史弥と申します。

この度、
ブログ始めました(^-^)/

このブログは、
小野 史弥の音楽活動についてのお知らせ
楽譜販売についてのお知らせ
🎼音楽理論や音楽にまつわる小話🎼
⭐️趣味(社交ダンス)について⭐️
🔹その他近況🔹

について、発信していきます!

後日、改めて自己紹介の記事を掲載させていただきますが、
初めての記事ということで、
小野史弥とは?がわかる
3つのキーワードをお教えしますね☆

・三度の飯より音楽が好き♩
・女子力が高いと言われたこともあるメガネ男子(笑)
・人生楽しく生きたい✨

です‼︎

このブログで自分も、読んでくださった方も、
みんなが幸せになれるようなものを
できる限り毎日提供していきますo(^▽^)o

まだまだ音楽活動もブロガーとしても
駆け出しで未熟ではございますが、
皆さん、よろしくお願いいたします(^-^)/

 | ホーム | 

プロフィール

小野 史弥

Author:小野 史弥
1990年、福岡県北九州市に生まれる。
5歳からピアノを始める。
小学5年時、親の都合で福岡市に引っ越ししたのを機に習いに行くのは辞めたが、当時から好きな曲を耳コピーしてピアノを弾き続けた。
中学時代に吹奏楽部、高校・大学時代に管弦楽部に入部、パーカッション、ファゴットを担当。
25歳の時、とあるバーでオープンマイクなるイベントを知りピアノ演奏を披露、以降そのバーや近隣のバーで演奏活動を行う。
長年の演奏活動にて培われた音楽知識や感性を元に、オリジナル曲の制作や音楽講座のイベントを積極的に行う。特に音楽講座については、音楽経験者・未経験者問わず、音楽の楽しさや素晴らしさを伝えるため、日々ネタを温めている。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR